【ゲーム日記】ドラゴンクエストXI 冒険譚その4

ゲーム日記
スポンサーリンク

発売されて1週間経つので早い方はクリアして
いるであろうドラクエ11。

我が冒険譚はまだまだ序盤^^;
まぁ攻略サイトじゃないのでのんびりロトゼタシアの世界を
堪能していきたい。

ではいつも通り、多大なるネタバレがあるので
新鮮にプレイしたい方は要注意!!

ナプガーナ密林 ~ 旅立ちのほこら編

前回まで-

地下牢を脱出し、カミュという仲間を得た主人公。
カミュの元相棒デクから、レッドオーブが
デルカダール神殿にあることを知った二人は、
神殿と、さらにイシの村にも立ち寄るべくまずは
デルカダールの城下町下層へ戻ることになる。

今回はデルカダール神殿を目指すところから。

デルカダールの丘 ~ ナプガーナ密林

しばらく戦闘を繰り返してレベルアップする。

出現するモンスター

ももんじゃ
リリパット
ベビーパンサー
きりかぶおばけ

小屋の前のキャンプ地にたどり着いたのでここを拠点に
しばらくレベルアップしよう。

カミュからふしぎな鍛冶について聞かされる。
「ふしぎな鍛冶入門」を入手することができたので
まずは武器を作って戦闘力を上げることにする。
【せいどうのつるぎ】と【せいなるナイフ】を作って
それぞれ装備する。

犬に導かれてキャンプ地東の木の根っこを調べると、
どうやらいたずらデビルによって犬にされている人間のようだ。

カミュの助言で滝のある場所を探すとそこには宝箱が。
やはりいたずらデビルだった。

なんとか戦いに勝利し、犬は元の姿に。木こりの彼は
橋を直してくれた。
さらに木こりの家の中で『うろこでつくろう』という
鍛冶レシピを入手。
【うろこの盾】と【うろこのよろい】を作って装備を整える。

イシの村 ~ イシの大滝

イシの村に帰り着く。

何事も起こっていないようで一安心したのも束の間、
村人の様子がおかしい。
主人公のことをまるで知らないようだ。

自宅に戻るとペルラが食事の準備をしている。
だがやはり主人公のことを知らないという。
『わたしの息子はまだ6歳だよ!』

そうか。もしかしたらここは過去のイシの村なのか。

あの木の前に行ってみるとスカーフが引っ掛かって
泣いている幼いエマとルキが。

スカーフを取ってあげ、主人公の名を告げると、
彼はテオおじいさんのところにいると言われる。
エマについていくと確かにテオじいさんが。

一目で主人公を未来からきた人間と見抜き、
東にあるイシの大滝、そこの三角岩の前を掘る
ように言われる。

そして別れ際にテオじいさん、

『人を恨んではいけない』
『わしはお前の爺で幸せだった』

なんとも泣ける一言。
元の場所に戻ると現在のイシの村へ。

やはりイシの村は焼かれていた・・・。
村の人達はどうなったのか。
エマやルキ、ペルラやダン村長は・・・。

察しのいいテオじいさんが何らかの策を施して
おいてくれてれば良いのだが。

哀しむ暇も無いままテオじいさんに言われた場所へ。
そこから出てきたのは2通の手紙。

1通は実の母親から。
主人公は
『ユグノアの王子であり、大きな使命を背負った
勇者である』

もう1通はテオ爺さんから。
テオ爺さんは未来から来た勇者に会った後、この
手紙を書いたのだろう。一緒に入っていた魔法の石を
使って旅立ちのほこらを開き全ての真実を求めよ、と。

その手紙でもテオじいさんは、
『人を恨んではいけない』
という。
イシの村を焼かれても恨んではいけないとそういうの
だろうか。

勇者は高潔であらねばならない。
復讐などという思想は勇者にはあってはならないと。

勇者って辛いよな(-ω-;
だが、それを可能とするから勇者と呼ばれるのかも
しれない。

デルカダール神殿 ~ 旅立ちのほこら

早速旅立ちたいところだが、レッドオーブの行方も
気になるので(カミュにも言われたので)、まずは
デルカダール神殿へ向かう。

神殿でレッドオーブを探すということは多分、
神殿内で相当な戦闘があるだろう。

また少しレベルを上げておこう。

出現するモンスター

バブルスライム
ビッグハット
おにびドングリ
メソコボルト
ホイミスライム
プチアーノン
ぐんたいガニ

準備も整いイザ!デルカダール神殿へ。

出現するモンスター:神殿内

インプ
スモーク
ホイミスライム
メタッピー

からくりエッグというモンスターを倒すと
乗り込むことができ、ジャンプして宝箱を
取ったりもできる。

最下層でボス【イビルビースト】と戦闘。
レベル上げておいたお陰でそれほど苦戦せず
倒すことができた。

『諦めかけていたレッドオーブが手に入った』
『お前と一緒にいればいつか俺の願いは果たされる』
というカミュ。
カミュの願いとは何なのか。
いつかそれも判るときがくるのだろうな。

神殿を後にし、一旦キャンプへ。
そして旅立ちのほこらへ向かう二人。
するとそこには追手の影が!

グレイグ将軍、またお前かo(`ω´*)o

今の勇者じゃ全く敵わないだろうから、ここは
逃げる!
将軍と追手が背後に迫り、ボウガンの矢が馬に当り
落馬する主人公。

カミュに助けられほこらに向かうも、ボウガンで
追い打ちをかけるグレイグ将軍!
馬がやられ、二人は走る。
間一髪で旅立ちのほこらに飛び込み脱出成功。

『逃しはせぬ。地の果てまで追いかけてやるからな』
とグレイグ。

おー!上等だよおっさん!!
いずれはぶっ倒してやるからな。
と主人公に代わり、グレイグ将軍に悪態を突きつつ
旅立ちのほこらから次のエリアへ。

今回はここまで。

パーティの状態

【主人公】

レベル:12
武器:せいどうのつるぎ+1
防具:皮のぼうし
  :うろこの盾+2
  :うろこのよろい+1
  :エマのおまもり
  :きんのネックレス

【カミュ】

レベル:11
武器:せいなるナイフ
防具:とんがりぼうし
  :騎士団の服
  :きんのブレスレット

こんな感じ。
戦闘においてあまり余裕がある状態ではない。
次のエリアでまたレベルアップしないと。

続きは次回の講釈でw

このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する
画像の転載・配布は禁止いたします。
(C) ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

タイトルとURLをコピーしました