【まだ結婚できない男】第8話視聴感想 桑野さん結婚を祝う~

TV視聴録
スポンサーリンク

管理人は恋愛系ドラマはほとんど見ない人間なのだが、前作【結婚できない男】は楽しく視聴したw
阿部寛さんが主演だったので取り敢えず第1話を見てみたら非常に面白かったからである^ω^

今回は英治くんと桜子さんの結婚式。結婚という行為に否定的な桑野さん。
しかし英治くんは恩人桑野さんに主賓の挨拶をおねがいするのだが・・・。

以下、しっかりネタバレしているので、その点ご注意ください^ω^;
※演者さんの敬称は基本的に略させていただきます。

【第8話:結婚を祝わなくて悪いか!!】視聴感想

第8話:あらすじ

桑野さん結婚式への参加を検討

SNSを開設したらしき桑野さん。投稿写真に悩む。
自分で作った料理をスマホで撮るが、その出来には不満の様子。
結果、三脚で固定したコンデジでガッツリ撮影する桑野さん。

有希江さんのカフェで結婚式について相談する英治くんと桜子さん。
仕事帰りのまどか先生も加わり、話は桑野さんのことに。気付けばドアの外に佇む桑野さん。
店内に入ると結婚式に出席するのかどうか、まどか先生に詰め寄られる。

戸波さんタツオを心配する

マンションの部屋の前ではタツオの元気の無さを心配する戸波さんがいた。
桑野さんは戸波さんに皮肉を言いつつタツオを心配する様子を見せる。
戸波さんは散歩途中に出会う強面の男性について、桑野さんに相談する。

戸波さんの代わりにタツオを散歩させる桑野さん。
噂の男性に遭遇するが引き返し、茂みの影でやり過ごす桑野さん。

中川夫妻、桑野さんに相談する

中川夫妻に呼び出された桑野さん。二人はゆみの事で相談があると話す。
ゆみは両親に内緒でメイドカフェのメイドのバイトをしているらしい。
二人は桑野さんにゆみと話をしてみて欲しいと依頼する。

まどか先生桑野さんのゴーストライターに

結婚式に出席することにはなった桑野さんに、英治くんは真剣に来賓のスピーチを依頼する。
桑野さんはいつもの調子でその話を断り英治くんは肩を落とす。

その件を聞かされた桜子さんは、まどか先生たち三人にその話をする。
桑野さんに祝って欲しいという英治くんの気持ちを察するまどか先生は桑野さんを説得し
原稿を読み上げる形の挨拶なら引き受けると約束させる。

その原稿はまどか先生が書くことになった。が、桑野さんから出された高い要求に四苦八苦する
まどか先生。まどか先生は反撃とばかりに一向に更新されないSNSの事を指摘。
二人は対決姿勢になる。

桑野さん結婚式でスピーチする

桑野さんが望むようなスピーチは桑野さんにしか書けないと開き直り、原稿の件を突き放す
まどか先生。結局スピーチは自分で考えるより仕方なくなる桑野さん。

結婚式場でも英治くん達から情報を得ようとする桑野さん。
そのとばっちりで二人は揉める事になる。

桑野さんは苦労しながらも本音でスピーチをする。

桑野信介、SNSを更新するw

披露宴の後、有希江さんのカフェに集まり桑野さんについて話すまどか先生達三人。
まどか先生が送った結婚式の写真のウチの一枚が桑野さんのSNSにアップされる。
その写真にはいいね!が沢山ついていたw

第8話のネタバレ感想

今回からトグルを使ってみましたw クリックすると展開します。

今週の桑野さん

中川夫妻にゆみちゃんの事を頼まれるが、断ろうとする桑野さん。しかし二人に
『ゆみは私達よりあなたに心を開いていると思う』と言われ、彼女の話を聞こうとする。
メイドカフェという、特殊な空間に躊躇しつつも店を訪ねてゆみの話を聞き出す桑野さん。

ゆみの目的が留学の資金作りだった事を中川先生に報告し、後は親子で話し合えと言う。
「医者と結婚して病院を継げ」と言ってるらしいじゃないかと言われて「それは希望と言うか」と
返す中川先生に『コミュニケーションの欠如だな』と言う桑野さん。

メイドカフェってどんなの?と聞かれて『別に変な仕事じゃ無いよ。楽しかったし』と言う
桑野さんw 楽しかったんだ、メイドカフェww

そして中川先生に『あれだ。ゆみは・・・ま、いい子だ』と行って帰っていく桑野さん。
中川先生も『信介・・・。ありがとな』と嬉しそうであるw

その後ゆみちゃんから桑野さんにお礼の電話が入る。
ただ、その電話で桑野さんは英治くんの結婚式でスピーチする羽目になるのだが・・・^ω^;

英治くんの桑野さんへの並々ならぬ感謝と培ってきた絆への想い。
みんなが桑野さんにスピーチを頼んでも断るだろうと言ってる。万が一引き受けてもロクな
スピーチはしない、と言う。

英治くんにはそれが悔しかった。桑野さんと自分との間には他の人間にはわからない絆がある。
口ではあんな事を言ってても自分の結婚式なら桑野さんはきちんとスピーチしてくれるハズだ。

英治くんはそう思っていたのだろう。だから桑野さんがいつものように捻くれた態度で返事を
返したことに大きな失望を味わったに違いない。
桑野さんからすれば、まどか先生に話したように『真面目な話は苦手』なんだろうw

しかし、そのあと桑野さんが英治くんへ贈ったスピーチ。
自身が結婚することには否定的だが、長年相棒として様々な辛いことを一緒に乗り越えて来た
英治くんへの感謝と彼への評価を話す桑野さん。

普段の態度を知っている事務所のスタッフ達はみんな感動も一入だっただろうw
まぁ、桑野さんのお祝いスピーチという点でハードルはぐっと下がっているとは思うが、
それでも桑野さんが心のなかにある英治くんへの感謝と彼の結婚を祝う気持ちを語ったのは
とても感動的であった。

普段が普段だけに、本当の気持ちを話しているんだなぁというのがわかりやすいw
何はともあれ今回は桑野さんと英治くんの絆が本物だと知れた回だった。
二人で設計事務所を運営してきた訳だから普通の会社の上司と部下とは違うよね。
今でこそ他に3人のスタッフがいるけど昔は本当に二人だけだった訳だし。

まどか先生に見放され、自分でスピーチを考えることになった桑野さん。
披露宴会場でも隅に隠れるようにして考えていたが、名前を呼ばれてスポットを当てられる。
それでも、ライトからハズれようとする桑野さん^ω^; イヤイヤ無理だしw

仕方なく覚悟を決めた様子で前に出た桑野さんだったがそれまで考えていた原稿を床に
落として来てしまい、益々窮地に立たされる。
『本日はお日柄もよろしく・・・』とお約束の挨拶を始めてしまうw

しかし『もとい』と気を取り直す桑野さん。
『結婚して後悔しても・・・』とか『万が一離婚することになっても』など、自身の結婚に 対する
否定的な意見を話し、英治くん夫婦や事務所のスタッフ、三人の女性たちは苦い顔をする。

そして『いい弁護士さんもそこにいますから』とまどか先生を巻き込み、一旦オチをつける。
しかしそこからは桑野さんの本音が。

『15年前、僕の所にやって来てなんにもできなかった、本当にダメダメだった。そんな男が
ただひとつ、彼はどんな辛い事も逃げなかった』

と英治くんの事を語る桑野さん。

『逃げずに僕と一緒にここまで。ま僕もどっちかと言うと駄目な人間ですけどそんな彼の
力もあってなんとか、ここまでやって来れた訳です』

と桑野さんなりの感謝を表す。

『そんな英治のことだから・・・結婚生活で辛いことがあっても・・・、桜子さんに責められ
ても・・・絶対に逃げないでしょう。桜子さんそれは僕が保証しますよ』

そう桜子さんに語りかける桑野さん。

『僕との間に絆ができたんですから、桜子さんとの間には・・・もっと、・・・ね?
まぁそういう訳で・・・桜子さん・・・英治を、お願いします』

と、まるで育ての父親のような言葉を贈る桑野さん。

そして最後に
『英治、・・・おめでとう』
と、照れくさそうに下を向きながら話す桑野さん。

この15年間の桑野さんとの出来事を振り返り、思わず涙ぐむ英治くん。
まどか先生も拍手を送り、会場が拍手に包まれる。

英治くんと桜子さんも立ち上がり『ありがとうございます』と頭を下げる。
事務所のメンバーも涙ぐみ、沢村さんは号泣w
『やればできるじゃない』と桑野さんをみるまどか先生。

最後に桑野さんから出た言葉は
『そんな二人に今日は3つの袋を贈ります』
いや、結局それやるんかい!!とツッコんだ人たちが日本中に何人いるだろうか^ω^;

ヤクマルさんのブログにあった【SNSで映える写真の撮り方】という記事を参考にして
写真を撮る桑野さん。ちなみに桑野さんのコンデジはFUJIFILMX100Fの模様w
昔のフィルムカメラのようなレトロなデザインがいかにも桑野さんが好みそうで良しw

コンデジとは言え、10万円超えの高級品だしw そこもやっぱり桑野さんっぽいw
そういえば鎌倉旅行の回にも持って行ってたなw

今週のまどか先生

桑野さんがスピーチを断ったと聞いた時は皮肉たっぷりになるであろう桑野さんのスピーチを
桜子さんの親戚に聞かせるのはどうか?と疑問を呈していた。しかし英治くんの気持ちを察した
まどか先生は、桑野さんにスピーチするようにと説得を開始する。

ゆみからの電話で、桑野さんがゆみのために何かやった事を知り、英治くんにも同じ様にして
あげればいいと言うまどか先生。乗せられた桑野さんは原稿でもあればやると言ってしまう。
桑野さんを約束させる事に成功したまどか先生は仕事も忙しい中原稿を考え始める。

調子に乗って自分が原稿を考えると言った事を早速後悔し始めるまどか先生。
桑野さんが突きつけた条件は厳しく、追い詰められたまどか先生はやっくんのブログの二の舞に
ならぬように始めたSNSが全く更新されていないことを責める。

引き受けたからには何とかしないとと言いつつも、条件を満たす原稿を書けるのは桑野さん
本人以外には無理だと気付くまどか先生。桑野さんの気持ちを知らないから自分の気持ちを
書くしかないと開き直ったまどか先生は、これで話は終わりと桑野さんを見放すw

式当日には、原稿が書けたのか心配する有希江さんに『知らなーい』と返答するまどか先生。
いやー酷いな^ω^; しかし桑野さんが自分なりの正直なスピーチを英治くんに贈った後は
一番に拍手し『やればできるじゃない』と褒めていた。

結婚式で入手した写真を、桑野さんがSNSに乗せるかもしれないと思い大量に送りつけるが
桑野さんが選んだ1枚の写真は、まどか先生が必死でブーケを撮ろうとする姿だったww

いいね!いっぱい付いているらしいですよw まどか先生ww

今週の有希江さん

結婚式へ出席を渋る桑野さんにまどか先生と一緒に『来ますよね』と念を押す有希江さんw
桑野さんが言う『周りがどうとか親がどうとか、焦って結婚する例が多い』という意見にも
私の結婚もそうだったかもしれないと一定の共感を示す。

桑野さんがスピーチを断ったと聞いた時は『皮肉でもいいからやってあげればいいのに』と
無茶な発言^ω^; いやーそれはちょっとw 有希江さん桑野さん慣れしてきたんじゃね?w
式場では桑野さんが原稿を書けたのかどうか心配する様子を見せてもいる。

やはり結婚・離婚を経験している唯一の登場人物なだけあり、他の女性陣とは桑野さんの
結婚観が刺さる部分もあるようで、余裕とも言える反応を示す有希江さんだった。

今週の戸波さん

タツオの元気が無い事を、通りがかった桑野さんに相談する戸波さん。
女優のくせに犬の表情も読めないのか、と嫌味を言われる。確かに桑野さんはタツオの表情から
『なにか心に秘めた顔してるな』と気持ちを読んでいるがw

結局戸波さんの心当たりと言えば散歩の途中ですれ違う強面の男性の事。
怖がる戸波さんの代わりにタツオを散歩させ、その男性に遭遇する桑野さんだったが、引き返し
公園の草に身を潜めてやり過ごし「確かに怖いな」と呟く。が、それ以上は進展なし^ω^;

女性三人の女子会は結構頻繁に行われているようで、今回は結婚間近の桜子さんも参加。
桑野さんがスピーチを断った事を英治くんから聞いて他の三人にも伝えている。
まぁ、普段の行動だけから判断すれば桑野さんが普通のスピーチをするとは誰も思わないだろうw

まどか先生と有希江さん行きつけのラーメン店には初参加らしく、ラーメンの味に感動する。
『なんか居心地が良い』というまどか先生に『平成を超えて昭和な感じですもんね』と発言し
まどか先生に睨まれる事に^ω^;

桑野さんの厳しい条件付き原稿作成のハードルの高さに悩むまどか先生に、ラーメンを啜りつつ
『がんばってくらさい』的な気の入ってない上辺だけの励ましを言い、替え玉を注文する^ω^;
まぁ、若さゆえの薄さが目立つ戸波さん^ω^;

さらに、まどか先生が桑野さんに結婚式の写真を送りつけ、SNSにアップされるかどうか
試した時も『桑野さんが人間の写真なんか載せるかなぁ』と結構辛辣な戸波さんだったw

感想と今後の展望への期待

今回女性陣はまどか先生を除けば、ほとんど桑野さんに関わることはなく、英治くんの
結婚が大部分を占めるエピソード。
まぁ、桑野さんの英治くんへの本音が垣間見える話でもあったがw

12話あった前作とは違い、今回は10話で終わるストーリーという事らしい。
ということは後2回で終了な訳だが、前作と比べるとやはり桑野さんの周りに現れる女性を
前作同様に3人にする必要はなかったのではないだろうか。

まぁ、まだ最終回を迎えた訳では無く、後2話のウチに桑野さんと3人の関係がどう
変化するのかわからないから、断言はできないけど^ω^;
正直戸波さんとの関係性は、現代で言う〝隣人〟よりもちょっと親しいくらいの関係にしか
見えないわけで。タツオの関係を除けば、だけどw

前作で言えば最終回(12話)から2話前では三人の女性のうち桑野さんとは最も長い付き合い
だった沢崎さんが、桑野さんとの恋愛戦線を離脱しているのだが、今作ではそういった
明確な進展は何もない。

今の個人的な印象としては、まどか先生とは悪友(ライバル?)的な関係、有希江さんは
癒やしの場所を提供してくれる関係、戸波さんはちょっと親しい隣人くらいなものなんだが、
後2話で急激に事態が変わっていくとしたら色々と詰め込み過ぎの感も否めない^ω^;

作品として面白かったかどうかは最終回まで視聴してみないとわからないので一話一話で
その作品への印象を語るのはどうかとも思うが、これだけの登場人物の数とエピソードの
多さを考えると10話はやはり無理があるんじゃ? というのが現時点での感想である。

さて、泣いても笑っても後2回で終わりな訳だから、それを楽しみにしたいw
まさか下●ロケットみたいに年を跨いでとか、年末スペシャルドラマで真の最終回とか
やんないよね?^ω^;

ま、なんだかんだ言って次回も楽しみであるw

タイトルとURLをコピーしました