Windows Update KB4517389 不具合対応メモ(スタートメニュー用)

Windows
スポンサーリンク

【KB4517389】は結構厄介なトラブルを発生している模様。我が家にはIntel系(i7,atom)と
AMD系のPCが稼働しているのだが、特に大きな不具合は発生していない。
ただ、KB4517389が引金なのかどうかは判定できないよく似た現象は稀に発生しているのも
事実である^ω^;

【KB4517389】の主な不具合

Googel先生で検索してみると・・・

〝KB4517389 不具合〟でGoogle先生で検索してみるとそこそこ不具合情報が上がっている。
我が家のPCでは発生している現象は少ない(原因がKB4517389かどうかが特定できない^ω^;)のだが
主な症状をピックアップしてみよう。

●スタートメニューに関する不具合
●Edgeが動作しなくなる不具合
●BSoDが発生するようになる不具合
●描画がおかしくなる不具合
・・・・その他印刷関連の不具合など
404 NOT FOUND | キジョウノクウロン
物欲と知識欲の世界

我が家の環境下で発生した現象

我が家のPC環境ではスタートメニューに関する不具合Edgeが動作しなくなる不具合
発生していない。BSoDに関しては極稀に発生するが、KB4517389をインストールする以前から
その状況であるため原因の特定は困難である-ω-;

【描画がおかしくなる不具合】も同様だ。画面がフラックアウトして再起動するしか無くなると
いう現象が、AMD機で1度、i7機で1度発生したのだがそれについては両方ともディスプレイ
アダプタのドライバを更新したところ発生しなくなった。

ただ、こちらの現象も今回が初めてでは無い。以前にも(頻度はごくわずかだが)何度か発生した
ことがある。ディスプレイアダプタは両機共GeForceが入っている。そこで公式サイトをチェック
してみるといつの間にか最新ドライバがアップされていたのでそれを適用すると発生しなくなった。

ちなみに我が家ではNVIDIAのドライバ更新を確認するプログラム(GeForce Experience)は
インストールしていない為、自らが更新を確認する必要があるのだw
今後はWindows Updateを実行した時にディスプレイアダプタのドライバも確認する事にしようw

スタートメニューが使用できなくなった場合の対処法あれこれ

google先生で調べていると【スタートメニューの不具合】【Edgeが動作しなくなる不具合】は
そこそこ発生している模様で『こうしたら動くようになった』という記事を数点見ることが
できた。今後発生する事も考えられるので、対応のために記録しておくことにする。

Geforceのドライバを更新すると改善される

【重大なエラー】「スタートメニュー」が動作していません。というエラーが発生してしまった
Geforceを使っているユーザさんが、ドライバの更新を実行したところスタートメニューが動作
するようになった事例があった。

ただ、この情報に関してはKB4517389のインストールが原因でスタートメニューが動作しなく
なった訳では無いようだ。しかしGeforceユーザでこの現象が発生しているユーザは試してみる
価値はあるかもしれない。

我が家ではスタートメニューが原因ではないが、ドライバを最新版にして以降は動作が安定して
いるのも事実であるww

セーフモードで起動すると改善される

Windowsを一旦セーフモードで起動すると、症状が改善される場合もあるらしい。
とりあえず、PCをセーフモードで起動するというのは昔からWindowsを使っているユーザの
常套手段ではあるのだが、Windows10でセーフモード起動はちょっと面倒な操作が必要だ。

Windows7時代は起動途中に【F8】キー連打でブートオプションを立ち上げて選択する事が
可能だったのだが(8については使ったことが無いので知らないw)Windows10ではそれが
できないようだ(これって結構困るような気がするのだが^ω^;)

とりあえず『Windows10の起動は可能』という状態が前提。「ファイル名を指定して実行」を
使って実行する訳だが、スタートメニューが使えない状態では【Windowsキー】+【Rキー】を
同時押しすれば「ファイル名を指定して実行」のウインドウが起動する。

「ファイル名を指定して実行」でセーフモードを使用する場合も2通りやり方がある。
『msconfig』を使用する方法と『shutdownコマンド』を使用する方法だ。ただし前者はもう
一度設定を戻す作業が発生してしまうのでここは『shutdownコマンド』の方が良いかとw

「ファイル名を指定して実行」の名前ボックスに

shutdown /r /o /t 0 ※最後は/t、半角スペース、0(ゼロ)

と入力してOKボタンをクリックすると『オプションの選択』画面が立ち上がってくるので
【トラブルシューティング】→【詳細オプション】→【スタートアップ設定】と進んで
最後に【再起動】ボタンをクリックしてPCを再起動する。

ちなみにWindows10のバージョンは1903。
バージョンが違っていると『オプションの選択』画面の内容が違っている場合が
あるので注意が必要であるw

PCが再起動してくると『スタートアップ設定』という画面が表示されるので、その一覧の
4)セーフモードを有効にするを選択(キーボードの4を押す)とPCはセーフモードで起動する。
後はいつものようにログインし、スタートメニューが動いている事を確認して再起動する。

うまくいけばこれで症状が改善されるようであるが、うまくいかない場合もあるそうだ^ω^;

Powershellを使用してWindowsのエラーを修正すると改善される

この辺りからちょっと敷居が高くなって来るが一応対応手段として記録しておくw

セーフモード起動と同様に『ファイル名を指定して実行』を起動(Winキー+Rキー)し、
そこからWindows Powershellというアプリを起動する。名前ボックスにpowershell
入力してOKをクリックする。

するとWindows Powershellというウインドウが立ち上がる。しかしながらこの状態では
システムの修復など管理者の権限が必要となるコマンドレットは実行できないようなので、
管理者権限をもったPowershellを別途起動する。

『ファイル名を指定して実行』から直接管理者権限のPowershellを起動できれば良いのだが
軽く調べた限りではその方法が見つけられなかったので、面倒だが段階を踏んで起動するしか
無いようである(もしかしたら直接起動もできるのかもしれないが・・・^ω^;)

通常権限のPowershellでStart-Process powershell.exe -Verb runasと入力して実行
すると管理者権限を持ったPowershellが別のウインドウで起動してくるのでそちらで修正
作業を行う。

(1)【DISM:Deployment Image Servicing and Management】を使用する

管理者権限のPowershellでdism.exeを実行する。DISM.exeはファイルの破損をチェック
するプログラムという事らしい。ここでは下記のように実行する。

dism.exe /online /cleanup-image /restorehealth 

システムイメージの破損をチェックし、破損が発見された場合はWindowsUpdate経由で
ファイルを入手して修復する。「操作は正常に終了しました」と表示されれば終了である。

(2)【SFC:System file checker】を使用する

続いて管理権限のPowershellでsfc.exeを実行する。sfc.exeはファイルの整合性をチェック
するプログラムという事である。

sfc /scannow

こちらはローカルバックアップされているファイルから復元する。
「検証100%が完了しました」となれば終了。異常が発見された場合は修復の結果が表示
されるという事であるらしい。

(3)Powershellを使用してPCを再起動する

上記2つのコマンドを実行後、再起動をさせるのだがこちらもPowershellからコマンドで
実行可能。

shutdown /r /t 0 ※最後は/t、半角スペース、0(ゼロ)
/rは再起動、/tはタイムアウトまでの時間を指定するオプション。/t 0の場合は即実行
(タイムアウトまでの時間は0)という事である。セーフモード起動の際に使用した/oに関しては
/rオプションと併用して「詳細ブートオプションメニュー」に移動し再起動を行う設定である。

Powershellを使用してUWPアプリの修復を実行すると改善される

正直な話、こちらの作業は最も敷居が高そうである^ω^;

そもそもUWPとはなんぞや。と思って調べてみると【Universal Windows platform】の
略であるという。UWPとはWindows10のコアをなす部分でUWPアプリとはそれ(UWP)用の
アプリケーションという事であるようだ。アプリ開発者では無いのでよくわからんけど^ω^;

それを修復(再構築)する事でスタートメニューの不具合が回復する(事がある)というもの。
管理者権限のPowershellでGet-AppXPackageというコマンドレットを実行するのだが、これは
オプション関連の設定がとても複雑で、大変そうである^ω^;

正直私はこれをやるくらいならWindows自身をクリーンインストールするほうがマシだと
思えるほど行いたくないが、興味のある方は調べてみて下さい^ω^;

と、まぁスタートメニューの不具合対処法を数件記録しておいたが、これを実行すれば確実に
修復可能というものではない。それどころか事態を更に悪化させることも考えられるので、
万が一お試しされる際は自己責任でお願いします-ω-;

まとめ

平和なWindows Updateを強く望む

毎月毎月、何かしらの騒動(その騒動の強弱はあれ)を引き起こすWindows Update。
不幸にも不具合に遭遇した多くの人にとっては、本当にこれに対応する時間は全く無駄な時間だと
思うのだが、それでもWindowsというOSは世の中に必要なものなのである。

そしてWindowsの安全な運用にはWindows Updateも欠かせないものだ。
だからこそ、平和で確実なWindows Updateを希望したい。
ブログのネタとしてはありがたい一面も多々あるのだけれども・・・^ω^;

 

タイトルとURLをコピーしました