【Windows】Windows11導入について考えてみた。

Windows
スポンサーリンク

〝Windows10が最後のWindows〟と言われていたが、結局登場したWindows11。
別に10が最後云々についてはどうでも良いのだが、導入のハードルがまぁまぁ高い模様。
正直な所、Windows10のハードルが低かったというべきなのか^ω^;

Windows11の動作要件を確認する

自分はWindows7から10にアップ(8は無視してた^ω^;)したときも、登場後1年近く様子見し、
無償バージョンアップ期間が終わる(と言われていた)直前のタイミングで導入したw
実際のところ現状、自分の用途だとWindows10がOSでもなんら問題は無い。

まぁ、アップデートの煩わしさは辟易しているが^ω^;
Windows11にすれば、上記の問題から完全に開放されるというなら積極的に導入するのだがw

さらに前回のWindows10への移行に比べ、今回はハード(というかCPU)の要件が中々厳しい
様子なので、しばらくはWindows11への移行は考えていない。

とはいえ、全く知識を入れないのも何なので、Windows11の情報をまとめつつ、今後の展開を
考えてみたい。

公式サイトに公開されている要件

Windows11のシステム要件

MS様のサイトに公開されている要件を要約すると以下のような内容

【プロセッサ】
 1 GHz&2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)
【メモリ】
 4 GB
【ストレージ】
 64 GB 以上の記憶装置
【システム ファームウェア】
 UEFI、セキュア ブート対応
【TPM】
 トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0
【グラフィックス カード】
 DirectX 12 以上 (WDDM 2.0 ドライバー) に対応
【ディスプレイ】
 対角サイズ 9 インチ以上で 8 ビット カラーの高解像度 (720p) ディスプレイ
【インターネット接続と Microsoft アカウント】
 Home エディションにはインターネット接続と Microsoft アカウントが必要
 Home の S モードを解除する場合もインターネット接続が必要
 Windows11全エディションで、更新の実行、ダウンロード、一部の機能を
 使用するために、インターネットのアクセスが必要
 一部の機能を利用するにはMicrosoft アカウント が必要

この要件だけを見ると、Windows10が動作しているPCならば大体大丈夫そうな印象を受ける。
が、まずはCPUに条件がある。それはWindows11が正式にサポートしている世代のプロセッサが
必要であるという点だ。

サポートされているプロセッサ

ざっくり分けるとIntel様のCPUは第8世代以降のCore iプロセッサとCeleron、Pentiumなど
AMD様のCPUはZen+(ゼンプラス)世代以降のRyzenプロセッサ(モデルだと2000番代以降)などが
必要となるようである。

Intel様のCPUは2017年後半に、AMD様のCPUは2018年前半にリリースされており、その後も
新しいプロセッサが投入されているので、2018年以降のPCならばCPU要件は満たしているのでは
ないかと推察する。

サポートされているCPUの詳細は下記MS様のサイトで確認していただけると正確であろう。

システムファームウェア

UEFIとセキュア ブートの状態を確認する

現時点でWindows10が動作しているPCであれば【システム情報】アプリを使用して簡単に
確認することが可能である。Windows検索(タスクバーの検索窓またはアイコン)を使って
〝システム〟と検索すると【システム情報】アプリを発見できるハズ。

またはスタートボタンを右クリックして表示されるメニューの中から【ファイル名を指定して
実行】
を選択。起動してきたウインドウに〝msinfo32〟と入力してOKをクリックすると
システム情報アプリが起動してくる。

表示される【システムの要約】という一覧から〝BIOSモード〟と〝セキュアブートの状態〟を
確認すれば、使用しているPCのシステムファームウェアの状態が確認できるようになっている。

我が家のPC達はWindows7世代のヤツなので、BIOSモードは【レガシ】セキュアブートの状態は
【サポートされていません】
となっている^ω^;
まぁそりゃそうだろww

BIOSモードが【UEFI】でセキュアブートが【オン】となっていればOKだが【オフ】の場合は
PCのUEFI設定を起動し、セキュアブートに関する設定を変更する必要がある。
我が家のようにサポートされていない場合はお手上げであるw

TPM2.0:Trusted Platform Module 2.0

トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0とは?

色々とGoogle先生検索でかじった知識からすると、まぁ何だかセキュリティ機能を提供する
モジュールの事らしい^ω^; MS様は2016年頃すでにWindows10搭載機に対するTPM2.0の
実装の必要性を説いていたそうである。知らんけど^ω^;

それが、今回のWindows11では要件に組み込まれた訳だが、このTPM2.0について近年では
ビジネス用PCにはマザーボード上にモジュールとして、また一般向けのPCはファームウェア
TPM(fTPM)として組み込まれている場合が多いとの事。

コントロールパネルのBitLocker設定や、デバイスマネージャなどからPCのTPM2.0の状況が
確認できるそう。ちなみに我が家のPCのデバイス一覧には元々【セキュリティデバイス】という
項目が存在していなかった
ww

対応機であれば、Intel様のCPUの場合はIntel PPT、AMD様のCPUの場合はAMD fTPMといった
項目がUEFI設定の中に存在するそうなのでそれを有効化してやれば良いらしい。
すでにBitLocker等を使っている場合は設定画面でデータを消去しないよう注意が必要との事。

まぁ個人使用でBitLocker使っている人がどれくらいいるのか知らんが、自分は全く使った
ことは無い^ω^; (得意げに言う事でもないけどもw)

その他の要件

グラフィックスカード

搭載されているグラフィックスカードがDirectX 12 以上 (WDDM 2.0 ドライバー) に対応
しているかどうかもWindows10上で前出のシステム情報アプリと同様に【DirectX診断ツール】を
使用すれば確認できる。

検索やファイル名を指定して実行で【dxdiag】と入力して実行すれば診断ツールが起動する。
その際、ドライバのデジタル署名確認ウインドウが表示される場合があるが【はい】を選択して
続行すれば診断ツールが起動してくる。

そのツールの【システム】タブの情報の最後にDirectXのバージョンが、また【ディスプレイ】
タブの右側最後にドライバのモデルが表示される。我が家のレガシ機種でもDirecXは12、
ドライバーモデルはWDDM2.7
と表示されているのでこれに関しては大丈夫そうである^ω^;

インターネット接続と Microsoft アカウント

この項目に関しては問題になることはほとんど無いだろうと思われる。
我が家のPCは一部を除き組み立てPCでWin10 Proエディションが動作しており、クリーン
インストールの際にローカルアカウントでWindows10をセットアップして運用している^ω^;

と言ってもMicrosoftアカウントも登録してあるので切り替えは容易に行える。
が、過去の習慣(というか職業?)からローカルアカウントを好んで使用しているのである。
Windows11でもProエディションならばローカルアカウントで使用できるらしい。

まぁ、Homeエディションでもローカルアカウントでセットアップすることは可能らしいがw

Windows11導入に関する考察

我が家の環境下でのWindows11導入検討

ハードウェアの更新が必須

まず第1のハードルだが、我が家のWindowsPC環境下では、ハードウェアの更新を
しない限り、Windows11は導入できない。まぁWindows7時代の遺産を未だに使用している
訳だから、それは仕方がない。というよりWindows10が良く頑張ったと言えるだろう^ω^;

つまり新規にメーカー製PCを購入するか、自身でPCを組み立てる必要があるという事だ。
やるとしたら多分後者になるだろうが、この場合Windows11のライセンスは新規で購入する
必要があるだろう。まぁメーカー製PCを購入する場合も同じだがw

ライセンスを移行するという方法もあるだろうが、根っからの貧乏性なので現行のPCが
故障などで完全に使用できなくなるまで、何かと使って行くだろう事は容易に想像できる^ω^;
つまり単純に、新しいPCが1台増えるという状態になる訳だw

そうなると設置場所やディスプレイの増設、またLAN関係の機器の増設または変更などなど
PCのみならず周辺機器及び環境にまで影響を与える事になってしまう^ω^;
まぁ、1台Windows10PCを引退させれば良いだけの話なんだけれどもったいないのでw

現時点でWindows11に乗り換える必要性が無い

結局、我が家ではWindowsPCは趣味でしか使っていないのでWindows10が動いている
限りは新規導入の必要性を全く感じないという、7から8への更新が検討された時期と
同じような現象が自分の中で起こっている。

まぁ別にOSを操作したくてPCを使っている訳ではなく、OS上で動くアプリが使いたい
だけなので、Windowsは安定して動いてくれればそれで良いのだ。新しくなったUIや
デザインなどは良いなと思うが、別にそれを眺めるためにWindowsが必要な訳では無いw

さらに通常仕事関係はMacユーザであるため、ほぼ困らない。
というより、仕事で使っているMacBook Proを更新するほうが最優先事項なのである^ω^;

Windows11に速攻で変更する条件

前述したように毎月のWindows Updateに関する煩わしさから完全に開放してもらえるなら
明日にでも更新しなければ!と思えるかもしれないが、きっとそんな事にはならないだろうし
何ならさらに混沌とした世界に足を踏み入れる危険性も皆無では無いだろうし^ω^;

早速AMD様のRyzen CPUでは性能低下が見られるという問題も発生していたり、月例アプデも
結局Windows10とあまり代わり映えしない様子だし、Androidアプリに対応するという機能も
現時点では未対応という状況。

EdgeやChromeが体感できるほど速くなるといわれても、それなら是非導入せねば!とは
ならんでしょう^ω^; 人間、速さなんてすぐ慣れてしまうしw

とりあえず、Windows10のサポートが終了するのが2025年であるようなのでそれまでには
Windows11を導入しようと考えているのが正直な所w
または知り合いの濃い方々から中古PCが流れてきた時がそのタイミングかもしれないw

タイトルとURLをコピーしました