[2020.10月] 月例 Windows Update 不具合メモ

Windows
スポンサーリンク

今月の月例Updateにて配信された更新プログラムを適用する際に色々と問題が
発生している模様。まぁ、毎度の事だけど-ω-;

Updateカタログからスタンドアロンインストーラをダウンロードして適用する方法でも
回避不可能らしいので、いつもよりは深刻な印象を受ける。

我が家のPC達はインストールにおいて失敗するような症状は発生していないのだが、
気になったので少しまとめておきたい。

2020.10:WindowsUpdate不具合情報

ver.2004用累積更新プログラム【KB4579311】

エラーコードを出してインストールに失敗する

0x800f081f/0x8007000d/0x800f0988/0x80073701などのエラコードを出しインストールに
失敗する症例が報告されている模様。

一応エラーコードについてネットで調べると、これらのエラーコードが出る場合の対応策として
多いのがDISMやSFCといったコマンドを使用してシステムの修復を行うという対応策だが、
これも効果なしとの情報も。

確かにこの辺りのエラーコードが出る際のメッセージには、インストール先にファイルが
無いとか、不足(破損)しているとかのメッセージが多いように感じる。
また、システムドライブがダメージを受けている場合もあるようで、確実な解決方法は不明。

我が家のPC達は一瞬、インストールに失敗しましたというエラーを出すが自動的な再試行で
2度めになると無事に適用が終了する。これは我が家のデスクトップ機全て同じ症状^ω^;
NoteはHomeエディションなので適用済み状態が多く、不明である。

Atom機ぐらい遅いとしばらく表示されるがIntel君ぐらい早いとチラッとしか見えないw

ノートPCでディスプレイの外部出力(HDMIやVGAなど)ができなくなる

一部のノートPCで更新プログラムの適用後、外付けモニターに映像が出力されなくなるという
現象が発生している模様。

我が家にはWindowsのNotePCは1台しかないが、適用後も問題なく外部モニターも使用可能
状態なので、全ての機種で発生する問題ではないようだ。

起動中にブラックスクリーン状態になる

Windows10の起動中に画面が真っ黒になり、何も表示されない状態になる(ブラックスクリーン)
ただ、画面が表示されていないだけでWindowsは動作している模様。とは言ってもユーザに
とっては動いていないという認識になるが-ω-:

ブラックスクリーンが発生する症状もここ1年くらいはよくあるエラーだと思うが、大抵の場合
リセットなどで再起動を実行すると正常に起動してくる事が多いのだが、今回は数分放置すると
普通に表示されるようになるらしい。

こちらの現象も我が家では発生していない。

アクションセンターが開かない/空白表示になる

アクションセンターが開いてこなくなったり、開いたとしても内容が全く表示されないという
現象が発生している模様。これはマウスでクリックしたり、キーボードショートカット
(Winキー+A)を使用して開いても同じであるらしい。

我が家のPCではAtom君で稀にマウス操作ではアクションセンターが開かない事があるが、
ショートカットキーで操作すると開いてくるという謎現象が発生している。
ちなみに表示が空白であったことは無いのでこちらの不具合とは別物かもしれない。

Windows10が動作する最底辺環境のPCなので^ω^;

エクスプローラの不具合

エクスプローラが無反応になる、定期的にクラッシュするなどの不具合が発生している模様。
こちらの現象は我が家のPCでは全く発生していない。まぁ、25個くらいのタブを開いたブラウザを
動かしていると稀に無反応になるが、それは多分メモリ不足だろうw

ver.1909用累積更新プログラム【KB4577671】もほぼ同様な不具合が

現時点で我が家では1909が動作しているPCは無いので確認はできないが、1909においても
上記の2004と同様なエラーが発生している模様。

一部環境での発生とは言え、こうも毎月同じような不具合が発生するのはどうなんだろう-ω-
インストールが上手く行かないとか、毎月見てる気がするけどw

今回のまとめ

今回のインストールが上手く行かないという不具合は、どうやらスタンドアロンインストーラを
使用しても解決できないらしいので、結構厄介なバグのようである。
幸いなことに我が家の環境ではインストール関連の不具合は発生していない。

Atom機で相当な時間がかかるのはスペックが原因だろうし、アクションセンターが稀に開いて
来ないのもバグでは無く、PCがあまりにも貧弱であるからかもしれない^ω^;

そういえばWindows10の新しいバージョンとなる【October 2020 Update:ver.20H2】がついに
リリースされたようだが、我が家のPC共には未だ通知がないので、しばらくは放置であるw
いつぞやのように配信中止されるようなバグが潜んでいないとも限らんし^ω^;

今回のアップグレードは1903から1909へのアップグレード時と同じく大幅な新機能搭載などは
行われていないようなので、試してみても良いのだがまぁ、せめて通知があるまでは放置して
おこうと思っている。

【イネーブルメント パッケージ】とか申されるパッチによるアップグレードらしいので
月例更新と同じくらいの時間で終了するとのこと。

我が家ではAMD君はクリーンインストール、Intel君は上記によるアップグレードを試して
みる予定である。Atom機はアップグレード可能なのかどうか不明だが、とりあえず両機の
アップグレードが終わり、動作に問題なさそうであれば試してみよう。

バージョン表記が2009では無く20H2に変わったのは何故なんだろう?
2009年バージョンと誤解されないようにとか推察されている記事を見たが、なら2004も
2004年バージョンと誤解されてしまう可能性があったわけだがそこは?w

まぁ別にバージョン表記など、2009だろうが20H2だろうがOSとしてきちんと安定動作さえ
してくれればどうでもイイのだがww

タイトルとURLをコピーしました