【Apple】Apple Silicon『M1』搭載!新型Mac3機種登場!16in Proは次回以降

Apple
スポンサーリンク

現地時間2020年11月10日。ついにMac用Apple Silicon『M1』が発表された。
それに伴い、新しい心臓部を持つMacが3機種発表された(発売は17日から)
MacBook Air、13in MacBook Pro、Mac miniそれが新しく生まれ変わったMacだw

Proとminiは現時点では、Intelモデルも併売となっているがAirに関してはIntelモデルは
サイトから無くなった。まぁ別にIntelプロセッサモデルにこだわる訳ではないし、
アプリが今まで通り使用できるなら大した問題では無いのだがw

今回発表されたモノ

Apple Silicon『M1』:Apple M1チップ

Apple Silicon M1 Chip

Mac用に設計されたSoC(System-on-a-chip)

Apple様のSoCと言えば、iPhoneやiPadに搭載されているA14 Bionicを始めとするAチップ群だ。
今回のM1チップはMac用に設計された初めてのSoCとされている。

【8コアCPU】【8コアGPU】【16コアニューラルエンジン】【T2セキュリティチップ】
この他Thunderboltコントローラ(USB4対応)など様々なチップが統合されたSoC
製造プロセスは5nm

CPU

CPUのコアは高性能コアx4高効率コアx48コア構成となっているそうで、スマホの
SoC構成に似ているとのこと。省電力で高性能動作が可能であり、ワットあたりの性能は
世界最高とされている。

GPU

GPUも8コア構成となっている。Apple様はPC用内蔵GPUとしては世界最速と謳っている。
CPU同様、省電力での動作が可能で最新Windowsノートと同性能を引き出すために必要な
電力は約3分の1だという。

Neural Engine

Neural Engine(ニューラルエンジン)とはA11Bionicで初搭載されたチップ。
M1に搭載されたモノは16コアで構成され毎秒11兆の演算処理が可能とのこと。
iPhoneに搭載された当初から一体何の為のモノなのかよく知らなかったのだが、
機械学習用チップらしい^ω^;

という風に凄い性能をもったApple初のMac用SoCであるという事はわかったが、一番の
メリットは省電力であるという事だろう。省電力であるという事は低発熱でもあると
いう事だ。ノート型や一体型・小型の筐体には素晴らしい恩恵があるw

そういえば今回発表された製品も、そういう製品たちだww

MacBook Air

New MacBook Air

Apple M1搭載新型Air

M1が搭載されたことで一世代前のAirに比べ、CPU性能は最大で3.5倍、GPU性能は最大で
5倍に強化されているとのこと(8コアGPUモデル)

また、Final Cut Proで4K ProResの動画処理や、Lightroomの書き出しといったこれまでは
Airで行うには難しかった処理も本格的に行えるようになった。
そして何よりバッテリーでの動作時間が、最大で18時間に強化されたことだ。

持ち運んでの運用が前提となるAirで、バッテリー駆動時間が6時間も強化されるのは
最大のメリットと言っても過言では無いと思う。そしてそれにはM1チップに最適化
された新しいmacOS Big Surも深く関わっているに違いない。

尚、IntelCPU搭載モデルは販売終了となった模様。

13in MacBook Pro

New MacBook Pro 13in

M1搭載のProは13inから

発表前には16inモデルも候補に上がっていたと思うのだが、実際は13inモデルのみだった。
Apple様によればCPU性能は最大2.8倍、GPU性能は最大5倍に強化。16コアNeural Engineが
搭載されたことで、機械学習の速さは最大で11倍であるという。

それによってビデオ分析や音声認識、画像処理といったPCにとって重たい処理が、桁外れに
高速化されると公式サイトに書かれている。元々Pro向けであったモノがさらにPro向けに
進化を遂げているという事だろう。

バッテリー駆動時間に至っては最大20時間が可能とされる。
これはAirよりは筐体が大きい分、バッテリー容量が大きいからだろう。

Airとは違い、13inモデルはIntelCPU搭載モデルも残されている。

Mac mini

New Mac mini

デスクトップ初のApple M1搭載機

自分は全く考えていなかったが、なんとM1搭載の初デスクトップ機はminiだったw
たしかにこの筐体サイズにはM1は最適だろう。CPU性能は最大3倍、GPU性能は最大6倍
16コアNeural Engineによる機械学習の速さは最大で15倍だという。

正直最近は存在感が薄れていたMac miniだが、今回のM1Mac唯一のデスクトップ機と
いう事で再び脚光を浴びる事を期待したい。ただ、IntelCPU搭載機との外見上の差別化
なのか、筐体色が以前のシルバーしか存在しない点はちょっと残念である^ω^;

13in Pro同様IntelCPU搭載モデルも残されている。

3つのMacに共通のこと

macOS Big Sur

メモリの容量

3機共にApple M1が搭載されているので、RAMの容量は標準で8GB。オプションで
16GBの増設が可能。ユニファイドメモリアーキテクチャ(CPU以外のデバイスもメイン
メモリを共有する方式)が採用されているのも同様。SoCだから当たり前か^ω^;

最大容量は現行のMacに比べ少ない(例えばIntel 13in ProはCTOで32GBが選択可能)が、
メモリコントローラがSoCとして統合されているので、効率的にメモリが使用できる。

つまりSoC内のすべてのチップ等が、同じデータにメモリの間でコピーすることなく
アクセスできる(コピーによる余計な時間を省略できる)為に、高効率化されるため、
全体のパフォーマンスが向上されるということらしい。

まぁ、今後登場してくるであろうApple M1搭載Macにおいてはどうなるか定かでは
ないが、現時点でもM1Macにおいては、メモリは16GBで十分という判断なのでは
ないだろうか。

16in MacBook ProやiMac、iMac Proにおいてはもっと大容量の選択肢が用意される
可能性がないとも限らないと推察するが、どうだろう^ω^;

結局はアプリ次第w

Macは初登場時MC68000系と呼ばれるモトローラ製のCPUを採用していた。
それがIBMやモトローラと協力して開発したPowerPCと呼ばれるCPUに変更されたのは
1994年の事であった。いや懐かしいw

自分は68000系Macの頃からMacを使っていた。学校で使ったモノがそうだった。
また、マニアックな所で言えば伝説のSHARP製PCであるX68000も使っていた事があるw
初めてお世話になった職場ではPowerPC搭載Macを使った仕事をしていた。

その当時のMac(PowerMac)は80万円とか平気で超える価格だったが、当時の上司は
それでも安くなったんだと言っていたw
まぁ確かに最初の頃のMacは200万とか平気でしてたからなぁ^ω^;

その後、仕事ではWindowsも使うようになった。というか使えるような環境にするのが
仕事だった訳だがw その時代にMacはIntel製CPUを搭載するようになった。
動くOSは違うが、中身はあまり変わらない機械になった訳だ。

そして今回、ついにMacは3度目の心臓部の交換を迎えた訳である。
心臓部が変わっても、OSが安定して動作し通常使用しているアプリが安定して動作
すれば全く問題は無い。というかそれこそが重要であるw

OSに関してはApple様が責任を持ってmacOS Big Surという最適化されたモノを用意
してくれているので、後はアプリメーカーがどれくらいの安定度を保ったアプリを
リリースしてくれるか次第である。

M1Macは買い?それとも待ち?

とりあえず我が家のLate2012MBPは(ギリギリとは言え)Big Sur対応である^ω^;
正直な所、そのMBPで仕事をしていて何か困っている事はあるか?と聞かれれば
うーん。デカい画像を処理するとき近少し遅いかな?と思う事があるくらいだw

結局仕事で使用しているようなアプリ(それで行う作業)においては全く困っていない
ということだ。予算が潤沢にある人ならともかく、ギリギリ生活しているレベルの
貧乏人たる自分には次回のOSアップグレードが買い替えタイミングだろう^ω^;

そうすると多分1年後という事になるだろうが、その頃には先陣を切った勇者の
方々がM1搭載Macを丸裸にしてくれいているだろうし、もしかすると16in Proや
iMacなども登場しているかもしれないし。

まぁ、なんだかんだ言って初代機には何らかの問題があることも多いので実機を
じっくり観察してから手を出そうと思っている。

それ以上に予算を確保するのが大変そうではあるが^ω^;

※記事中の画像はApple様公式Newsroomよりダウンロードさせて頂いたものです。

タイトルとURLをコピーしました