[KB4549951] 2020.04月 月例 Windows Update 導入メモ

Windows
スポンサーリンク

今月もお馴染み月例アップデートがやってきた。
今回Windows10(1903及び1909)の場合は【KB4549951】がリリースされた。
先月末のオプション更新を適用しているのであまり時間はかからんのだろうか^ω^;

では、我が家の全Windows10-PCに関する更新履歴を参考までにメモしておこう。

※20.04.20追記
残念ながら今回も一部環境で不具合の報告が上がっているらしいので情報を追記

※20.04.25追記
結構多様な不具合情報が上がっているので情報追記

我が家のPC:2020年4月 月例更新の更新履歴

※20.04.20追記:不具合情報アリ

※20.04.25追記:不具合情報更に追加

ver.1909用累積更新プログラム【KB4549951】

04/16に通知アリ

仮想世界のウイルスではなく、現実世界のウイルス騒ぎで少々疲弊気味だったので
動画再生くらいにしか使用していなかった為、更新通知に気付かず^ω^;
実際の所は15日に通知は届いていた模様。

とりあえず内容を確認しようとMS様のサイトへ。おっと。今回は既に日本語ページが
存在しているではないか。そのハイライト部分に記載されている内容は・・・

Microsoft Office 製品を使用する際のセキュリティを改善する更新プログラム。

●Windows で基本的な操作を実行する際のセキュリティを強化するための更新プログラム。


●ファイルの保存と管理に関する更新

Officeソフトはフリーソフトなのでどうでもいいと言えばそれまでなのだが、とりあえず
セキュリティを強化するためという事は非常に重要だと思われるので適用する事に。

各PCに適用

HomeエディションNOTE

更新適用のタイミングが空いた為、HomeエディションであるNotePCは既に適用され
PCの再起動が促される状態になっていた^ω^;
よってどれくらいの時間を要したかは不明である。

再起動を行って数分(2~3分程度)で更新プログラムの構成等は終了してログイン
画面が表示される。ログイン後もいつもどおり、ブラウザや動画再生を行うが
何事もなくいつも通りの挙動である。

続いてAMD君に適用

更新アプリから実行。ダウンロードからインストールが開始されるまで1分ほどだった。
いつも不思議だったのが、インストール進捗がが100%になった後に再びインストール中と
進捗が逆行する事が度々見受けられること。

色々とGoogle様で調べていて気付いたのは、最新の【サービススタック更新プログラム】が
インストールされているのではないかという点(今更かよとツッコまれそうだが^ω^;)
この更新プログラムもKB4552152という番号を持っている。

これをインストールしてから月例更新を実行することが推奨されているし、
更新アプリを使用した際は同時に適用されるとの事なので間違い無いのではないかと思う。
ならそれもきちんと通知してもらいたいものだがMS様-ω-;

話は逸れたが、その更新も含めてAMD君で更新適用から再起動後ログイン可能画面まで
要した時間は約13分(更新適用10分、構成再起動3分)といったところ。
適用後は無事稼働している。

続いてIntel君

更新アプリから実行。展開は上記AMD君となんら変わらず。進行のパーセンテージ表示も
いつも同じw 要した時間は約8分(適用6分、構成再起動2分)だった。

ネット上では我が家のPCよりも最新のPCで20分かかったという記述を見たが、これは
前回のオプションを適用しているかどうかで差があるのかもしれない。
と、勝手に推察するw

最弱のAtomコンビ

2台共に通知アリ。さて、我が家でいちばん大変なのは彼ら最弱のPCである。
CPUクロック1.66のAtomでメモリも2GBしか搭載されていないし、システムドライブは
古いHDDである-ω-;

Intelくんは10分かからずでも、彼らはいつも50分~1時間を要する。
スタンドアロンインストーラを使用しようかとも考えたが、サービススタック更新が
見つけられなかったので、更新アプリから実行することにした。

案の定、更新適用に50分弱、構成再起動に5分弱必要とした。 遅いのは仕方ないが、
インストールは無事に完了し、2台共にいつも通りの挙動である。
HDDが新しい機体のほうが若干(1~2分程度)処理完了が早かった。

Microsoft様へのリンク

お馴染み(?)の【Microsoft Update Catalog】へのリンクは以下の通り。更新アプリ経由ではどうしても
うまくいかない場合、自分は最終手段としてスタンドアロンインストーラを試すことにしているのだが、
事態を悪化させる場合もあるので使用は自己責任でお願いします。

ちなみに1903と1909ではKB番号は同じだが、ダウンロードするファイルは別なので注意が必要。

また、色々と面倒な項目が用意されているだけで解決にはならないかもしれないが、一応MS様公式の
エラーチェックへのリンクも用意しておく(結構面倒
-ω-;)

今回のまとめ

とりあえず、配信から更新処理まで数日空いてしまったが、最近のお約束のように
【0x800f0985】や【0x80070008】などお馴染みのエラーを出してインストール自身が
失敗する例が上がっている模様である。

こういった症状を抑止するための【サービススタック更新プログラム】なのでは
ないかと思うのだが、もうWindowsPCの環境は様々な状況が想定され過ぎてMS様の
手にも負えない状況なのだろう。

前回のオプション扱い更新プログラム【KB4541335】は様々な悲惨な状況を生んで
いるようだが、この月例更新はどうなんだろうか。
大きな問題が潜んでいない事を切に願うばかりである。

ちなみに、現実世界のウイルス騒動により来月からセキュリティに関わらない更新は
しばらく配信されない事になった模様。
正直な話、ちょっとホッとするのは自分だけだろうか^ω^;

やっぱWindows Updateってストレスなんだよなー(棒)

20.04.20:不具合情報追記

やはり今回も潜んでいる(らしい)不具合-ω-;

上記でもインストールに失敗する報告例が上がっているとしたが、それ以外にも
色々と不具合報告が上がっている様子。

●Bluetoothが機能しなくなる
●Wi-Fiが機能しなくなる
●サウンドカードを認識しなくなる
●PCのパフォーマンスが低下する
●BSoDが発生する

PCパフォーマンスの低下やBSoDが発生するという不具合は先月のオプション
更新を適用したPCでも発生していた症状なので、もしかすると今月の月例に

同様の不具合が存在しているのかもしれない。

BluetoothやWi-Fiなど通信系のトラブルも発生している模様。
我が家のHomeエディションNotePCでも念の為確認してみたが、Bluetoothも
Wi-Fiも正常に稼働しておりエラーは発生していない。

20.04.25:不具合情報再追記

さらに様々な不具合報告アリ -ω-;

ネットやTwitterなどで調べるとさらに不具合報告が上がっている模様

●特定の機種でタッチパネルが暴走
●ディスプレイが反応しなくなる
●KP41で再起動する現象が増加する
●個人設定やドキュメントが削除される
●更新履歴に表示されない(故にアンインストールできない)

などなど。KP41というのは昔からあるエラーで『Kernel-Power 41』エラーで
Windowsが再起動される現象である。自分の印象ではWindows10になってからは
比較的少なくなった現象だが、Windows7時代は頻繁に発生し悩みの種だった^ω^;

個人設定やドキュメントが削除されてしまうというエラーは今年2月の月例アプデ
[KB4532693]を適用した際にプロファイルのフォルダ名が勝手に変更される問題で
発生した状況に似ているが、こうも毎月色々と起こると、もう何が何だか -ω-;

Windows Updateの更新履歴について

更新履歴に表示されないとのtweetを見たので自分のPCの履歴を確認してみたが
AMD機、Intel機、atom機、Noteと全ての履歴で〝正しくインストールされました〟
表示されていた。

以前、履歴上正しくインストールされましたと表示されていても実は失敗
していたという経験があるのだが、その時はスタンドアロンインストーラで再度
実行すると普通にインストールされたので気が付いたw

通常、更新アプリで成功している場合は〝既にインストールされています〟と
表示されてインストールされない筈なのだが、成功履歴があってもすんなりと
スタンドアロンでインストールされる場合は実質失敗している可能性がある。

まぁ、ただスタンドアロンインストーラを使って失敗するとさらに困難な
状況(Windowsの再セットアップが必要な状況等)に追い込まれるので、積極的に
オススメはしない^ω^;(自己責任でお願いします)

一応更新プログラムについてはコントロールパネルからも確認できるので
そちらも試してみてはどうだろうか。

●STEP.1:コントロールパネルを起動する
    メニュー内のWindowsシステムツールや検索ボックスを使用して起動する
●STEP.2:プログラムカテゴリの『プログラムのアンインストール』を選択
    表示方法がカテゴリ以外の場合は『プログラムと機能』を選択するか、表示方法をカテゴリに変更
●STEP.3:表示されるウインドウの左ペインにある『インストールされた更新プログラムを表示』を選択
    更新プログラムの一覧が表示されるので[KB4549951]を右クリックしアンインストールを選択

通常はこの方法でアンインストールできる筈だが、この一覧にさえ表示されない
場合は、そもそもインストールに失敗している可能性も考えられる^ω^;

タイトルとURLをコピーしました