2019.07 月例WinUpdate実践メモ。Win10 1903 KB4507453アップデート

Windows
スポンサーリンク

今月も月例のWindowsUpdate通知がウチのWindows PC全てに届いた。
【KB4507453】である。いつもながら何かしら面倒なトラブルを呼び込みそうな不安が
無いわけではなかったが、最大深刻度が『緊急』という事だったので全機Updateを実行する。

【KB4507453】をインストール

リモートでコードが実行される脆弱性

タイトルのように、リモートで悪意あるコードを実行できる穴があるらしいので塞いでおく。
今回もAtom機からCorei7機まで順番にUpdateを実行していった。
様子を見ていると、何やらダウンロードが100%まで行った後、もう一度実行しているような
繰り返しの挙動が見られた。

最近、なんだか2回同じ名前の更新をインストールされる事があるので『今回もそれか?』と
思っていたのだが、どうやら今回の【KB4507453】をインストールするには別の更新プログラム
最新のサービススタック更新プログラム【KB4509096】が必要とのこと。

Windows Updateを通してインストールを行っている場合(ほとんどそうだろうけど^ω^;)は
上記のサービススタック更新プログラムも同時にインストールされるそうなので、見た目には
繰り返し行っているように見えるのだろう。

しかし、それなら最新のサービススタック更新プログラム【KB4509096】もWindows Updateに
表示してくれれば良いのに-ω-; なんかこっそりヤラれているようで気分は良くないなw

ちなみに各PCスペック通りの時間が掛かったが、トラブルが発生することはなく、無事に終了。
再起動を実行して終了した。

不具合が発生しているらしい

なんの問題もなく終わったように思えた今回のWindows Updateだったのだが、何やら一部
『再起動』を促す通知が表示され続ける、いわゆる『再起動ループ』という現象が発生して
いるらしい。

再起動ループとは、更新プログラムは正常にインストールされるのだが再起動後にもう一度
Windows Updateを確認すると【再起動が必要です】という通知が表示されるという現象。
MS様によるといくつかの対処方法があるという事なのだが・・・。

対応策その1

再起動ループが発生した場合の対応策その1は、Windows Update内に表示される
今すぐ再起動するボタンで再起動をかける事。ただ、これで100%この問題を回避できる訳では
ないようだ。

ただ、ウチのPC5台はこのボタンを押して再起動しているのだが、どのPCにも再起動ループは
発生していないので効果は高いのかもしれない。あくまでも個人の感想だが^ω^;

対応策その2

Windows Updateで更新プログラムのチェックボタンで手動チェックをかける方法。
表示上の問題として再起動ループが発生している場合は、手動チェックをかける事でWindowsに
更新プログラムの適用が必要ないことを認識させることができるらしい。

【KB4506991】.NET Frameworkの累積更新

今回の月例アップデートで通知されたもう一つの更新プログラム【KB4506991】
こちらは.NET Framework3.5と4.8の累積的な更新プログラムである。このアップデートも
最大深刻度は緊急となっているため、可能な限り早く充てておきたい。

ウチのPCも全機にアップデートを実行し、正常に稼働している。

まとめ

今月のWindows Updateの状況は(現時点では)上記のような状態で、比較的平和に更新できた。
いまのところネット上でも大きな不具合等は上がっていないようである。
まぁ、再起動ループなど出ているようではあるが^ω^;

本来、PCのセキュリティホールを埋めたり動作を安定させるためのWindows Updateである
はずなのでそれを実行したことで新たな不具合を生じるなんて本末転倒であるのだが、現状の
OSとはこういったモノなので仕方がない^ω^;

個人的にはWindowsPCを仕事では使っていないので、比較的気楽にWindows Updateを実行する
ことが可能なのだが、仕事で、それもメインで使っている場合は余計なトラブルなど起きるともう
何時間も無駄にするハメになる。

その昔、管理人もWindowsPCが仕事のメインPCであった頃は本当にビクビクしながら更新を
していたものだが・・・。昔のアップデートってもう少しマシだったような気もするのだが、
まぁ、気のせいなのかなw

今後のアプデも平和でありますように。

タイトルとURLをコピーしました