【孤独のグルメ Season8】11話・12話視聴感想 一人ジンギスカンとカツ丼

TV視聴録
スポンサーリンク

おなじみ深夜の夜食テロこと【孤独のグルメ】もはやseason8。
今シーズンもとうとう最終回。最近の年末恒例ドラマも放送予定で楽しみだが
レギュラーシーズンもしっかり最後まで堪能しましたw

それではいつもの通り井之頭五郎さんの食事風景を楽しんでいきたいw

以下、しっかりネタバレしているので、その点ご注意ください^ω^;
※演者さんの敬称は基本的に略させていただきます。

第十一話:神奈川県川崎市武蔵小杉の一人ジンギスカン

五郎さん in 武蔵小杉

武蔵小杉のタワーマンションに引っ越されたお客様村井さん(演:水野真紀)を訪問する五郎さん。
タワマンからの絶景ビューに少しめまいを覚えつつ商談開始。

自身の飲み物に悩む村井さんが五郎さんを見て、ようやくコーヒーに決めたところへ
『飲みたいものを飲まれた方が良いのでは?』と余計な一言を発する五郎さん。
だめだよ五郎さん^ω^; 優柔不断な人がやっとこさ決定した所にそれはww

案の定提案された家具にも散々に迷う村井さん。外したモノを復活させ、復活したものを
再び外す。無限ループにハマり困った五郎さんは『運に決めてもらいましょうか』と提案するも
それすら選べない村井さん。結局決まったのは後日ご主人同席でみんなで決めるという事だったw

年内に決まらないかもと思いつつ、夕飯の買い物帰りのご夫婦とすれ違う五郎さん。
『どうりで腹が減った。よし、店を探そう!』といつも通り行動開始である。
周囲にはオシャレそうなお店しか発見できず戸惑う五郎さん。

歩き回った結果とうとうセンターロード小杉という昔ながらの飲み屋街を発見する。
『なんだか赤ちょうちん腹になって来たぞ』と商店街を探索する腹ペコ五郎さんの前に現れた
一軒のお店。換気扇から漏れる匂いに参ったその店の名は・・・

【ジンギスカンどぅ~】

立ち込める煙の匂いにやられ『煙だけですでに美味そう』と五郎さんw
こちらへどうぞと言われ着席。手渡されたメニューには【まずはチャックロールを網焼きで】と
書かれていた。どうやら〝チャックロール〟とは厳選された肩ロースの事らしい。

『おいおい。実はすごい店なんじゃないか』と思いつつ五郎さんが頼んだメニューは

【チャックロールのネギ塩焼き】【ごはん(中)】【ハム】

そしていつものウーロン茶。煙の多さは美味しさの証拠と書かれた壁の張り紙を見て
『やっぱり俺の第一印象当たり』と心で呟く五郎さん。そこへマスター(演:髙田延彦)が七輪を
持ってくる。『お肉少々お待ち下さいね』とマスター。匂いと音にさらにやられる五郎さんw

待ちに待ったチャックロールが運ばれてくる。『新鮮なお肉なのでレアで、ネギは焼いた後取皿で』と
案内される。さらに焼いているとマスターからも『もうそれくらいで大丈夫ですよ』とw
確かにとても新鮮そうなお肉だ。肉は火を通し過ぎないに越したことはないww

まずは塩だけ、続いて塩とネギ。旨さにニヤけちゃうと五郎さん。肉の旨さにご飯の立ち入る
スキもないと珍しくご飯を食すのが後回しになる。そこへやってくるハム。燻製してあるので
そのままでも大丈夫だが油がブクブクするまで炙ると良いと言われる。

骨付きのハムにかぶりつく五郎さん。美味しすぎて一気に片付けてしまうw
そして追加で

【ジンギスカンセット】:チャックロール・もも肉・ショルダー・玉ねぎなどの野菜

を発注。網が片付けられジンギスカン鍋が設置される七輪。
鍋のまわりではもやし・玉ねぎ・人参などの野菜が焼かれ、3種類のお肉が真ん中へ。
〝ジンギスカン〟だから当然タレであるw

焼き上がったお肉を頬張り『バカヤロー級に美味い』と五郎さん。
もも肉・ショルダー・チャックロールという順に食し、タレチャックも美味いと感動。
もやしも重要と野菜も掻き込んでいくw

『鉄鍋の熱とタレのパンチが俺の食欲を北海道の開拓民のように奮い立たせている』
そう心で呟き次々と肉と野菜を食する五郎さん。
『まさに一人飯の極致』うーん、確かに美味しそうww

最後にチャックロールににんにく直のせ+ネギそしてタレというオリジナルな食べ方もw
鍋上に残っていた野菜やご飯も掻き込んで大満足の五郎さんであった。
『ジンギスカンは忘れた頃に現れて強烈な印象を残して去っていく。かっこいいなぁ~』と呟いてw

ふらっとQusumi:武蔵小杉編

久住さんが頼んだものはいつも通りビールという名の飲み物と

【チャックロールネギ塩焼き】【ジンギスカンセット】

今回は五郎さんと全く同じチョイスw まぁこれがこちらのお店の王道なんだろうなww
店名【どぅ~】の由来をご主人に尋ねる久住さん。長くなりますよと言いつつご主人が教えて
くれた名前の由来。

アン・ドゥ・トロワ(Un, deux, trois:フランス語の1,2,3)のドゥから来ており、またご主人の
叔父さんが目黒で同じ名前の喫茶店をやっていた事も含まれているらしい。
よくお客様の北海道の『どぅ~』かと聞かれるそうだが違うとのことw

この店名、どぅ~だろうと思ったけどなかなか良い名前と答える久住さんだった^ω^;
 

第十二話:東京都台東区三ノ輪のカツ丼と冷やし麻婆麺

五郎さん in 三ノ輪

三ノ輪の知り合いのお店を尋ねる五郎さん。どうやら前回の村井さんを紹介したのはこの店を
営む広瀬くん(演:浅利陽介)だったらしい。電話で村井さんの発注を受け上機嫌の五郎さん。
広瀬くんに「世界インテリア雑貨展」についてお願いをする。

準備期間があまりないことに気兼ねする五郎さんだったが広瀬くんは快諾。しかしその代わりと
ばかりに大晦日に福岡への出張を頼まれてしまう。今年こそ大晦日はのんびりしたかったと嘆く
五郎さんだったが、断りきれずに引き受ける羽目に^ω^;

『ちょっとだけ個性的な方』と言われて余計尻込みする五郎さんだったが、先のことより
今、むちゃくちゃ腹が減ったと店探しを開始する。いや、それでいいのか?五郎さん^ω^;

思うような店が発見できず浅草寺まで行って天ぷらでもと考え始めた矢先「定食」の幟を発見。
暖簾に左から中華、右から洋食と掲げられたそのお店。さらに看板に書かれた言葉、
〝『カラッ!』と最高の油でどうぞ!〟に惹かれ、店内へ。 そのお店は・・・

中華・洋食 やよい

迫力のポークソテーに迎えられて先制パンチを喰らう五郎さん。
他のお客様の注文するメニューに惑わされず、胃袋の意見を聞こうとメニューを見て戦略を練る。
オムライスドライカレー(オムドラ)など個性的なメニューもちらほらw

この店ならオムライスに餃子を合わせるとか・・・と考えていた五郎さんが発見したのは
〝カラッと最高の油で〟と外の看板で惹かれた文言。そういや久しく食ってないなぁと頼む
メニューを決定。 その注文は・・・

【カツ丼 上:お新香・味噌汁付】

今年も大晦日に仕事。カツ丼で勝つ!と縁起を担ぐ。出前の岡持ちに感心していると注文した
カツ丼がやって来る。一口で『美味い!もう笑っちゃうよ』と上機嫌な五郎さん。
『カツ丼ってやっぱり丼の王者だ』そう心で呟きかっ食らうw 中華洋食屋の和の心ともww

『なんだか食べるほどに腹が減っていく』と堪能していたが、常連さんの『ラーメンのA』と
いう注文に、セットメニューの存在を発見しショックを受ける。しかしそれを物ともせず
『カツ丼。漢の中の漢飯』と言いつつ完食する。

そしてもう一度メニューを手に取り、中華方向に振った追加注文をする。
珍しいそのメニューは・・・

【冷やし麻婆麺】【ぎょうざ】

そのビジュアルは麺の上に豆腐がトッピングされさらにその上に肉味噌といったカンジ。
五郎さんの独白によれば中華風冷奴に肉味噌、甘辛で美味しいとの事w
ぎょうざはいつぞやの回でやったようにお酢に大量の胡椒というスタイルで食す。

さらに冷やし麻婆麺にも追いスー(酢)と追いラー(ラー油)でレベルアップ。
スプーンを貰ってガッつく五郎さん。
『下町の懐に入ったようなすんごく良い食堂だ』と心で呟きつつw

全てを平らげ店を後にしようとする五郎さん。入ってきたお客さんは最終話恒例の久住さんw
『この飲兵衛さんどっかで見たような』と言いつつ目が会い、思わず会釈する二人^ω^;
『ん?誰だっけ?』そう思いつつ店を出ていく五郎さんだった。

『大晦日は福岡か。何を食おうかなぁ』と前向きになる五郎さんに広瀬くんから電話が入る。
マドリードに商品を仕入れに行ってほしいと伝えられ、さらに困惑するのだが
『パエリアの一人前ってあるのかなぁ』と食べることには前向きな五郎さんだったw

ふらっとQusumi:三ノ輪編

大正時代から続くという老舗、中華・洋食 やよい。
ドラマ内でも頼んでいたメニューをビールのお共に注文する久住さん。

【あげワンタン(甘酢あんかけ)】

酢豚的味で中にサクサク感があるのが良いと久住さん。
『結構食べたいものがある』と言いつつメインとしてメニューからチョイスしたのは、
五郎さんも気になっていたあのメニュー。

【オムライスドライカレー(オムドラ)】

久住さんが本気食いモードに入るほど美味しいメニューである様子。
うわーこれは自分も食べたいw 開店当初はカフェだったやよいさん。当初からハヤシライスと
カツ丼、クリームソーダがメニューにあったそうであるw

最後は、孤独のグルメがシーズン8を迎えた事に感慨深そうな久住さんだったw

十一話・十二話、視聴感想

いやー、今年は大変だったであろう武蔵小杉。しかも重大な被害を受けたタワーマンションが
舞台になっているとはちょっと意外^ω^; モヤさまでも行ってたけどね。
色々と大変な状況だっただろうが今はどうなっているのだろうか。

災害に強いとされていたタワーマンションだが、東日本大震災の時も停電があった際は大変
だったと記憶している。まぁ今回のような浸水被害は想定外なのかもしれないが、それだって
原発が受けた津波被害と同じだ。地下に電源施設が当然らしいし。

〝高い所に住む〟とか〝海辺に住む〟というのは平常時はとても眺望も良くいい環境だと思うが
日本ではそれぞれリスクがある事を忘れちゃいけないのだ。自分は20階より高いマンションの階に
なんて住みたくは無いけどなー(まぁ住めるほど金が無いのもあるけど・・・^ω^;)

正直10階が限界だな。できればその中の5階から7階の間くらいが理想かなw
最上階もあまり好きじゃないw
(理由は嵐・大野くん主演のドラマ『鍵のかかった部屋』をご参照くださいw)

話が全く違う方向に行ってしまったが、武蔵小杉は何度も仕事で行っているのでまぁまぁ
知っている街だが、タワマンがある辺りは全く知らない^ω^;
自分が知っているのは今回五郎さんが行っていたような昔ながらの武蔵小杉である。

ただ、五郎さんとタメを張る下戸の自分は、今回のようないわゆる飲み屋街には行ったことが
無く、ジンギスカンどぅ~さんも知らなかった。いやー知ってたら一度は行きたいお店だ。
今度近くに住んでいる友達を誘って行ってみたい。しばらくはドラマの影響で混むだろうけど^ω^;

十二話の三ノ輪の辺りは一度も行ったことが無い。正確に言えばその周辺(南千住や日暮里など)は
行ったことがあるのでもしかしたら三ノ輪エリアには入ったことがあるのかもしれないが、
駅で降りたことは無いという。

やよいさんは、大正時代からカフェとして営業していた老舗という事だからきっと味には定評が
あるのだろう。それにしてもカツ丼というド定番と冷やし麻婆麺という変わり種、さすがの
孤独チョイスw まず麻婆麺ってほとんど食べたことが無いし^ω^;

こういう町中華というか定食屋さんが多い街がやっぱりリアル孤独のグルメ人間には最強に
住みやすい街なのであるw

さて、今シーズンも最終回であったわけだが、ついに『明日は浅草か』が無くなり年末
スペシャルへの布石と言うことで福岡出張が五郎さんに依頼されると言う展開。
しかもその前にマドリードへ商品を買い付けにいく羽目になるというww

まさか年末スペシャルとは言え、スペインまでロケに行くはずは無いだろうし、テレ東様の
公式サイトでも『成田~福岡~釜山 弾丸出張編』となっているのでまぁそれはw
マドリードから成田に帰ってきて福岡へ行き、何かしらの事件で釜山へとなるのでしょうw

正直辛い食べ物(特に唐辛子系)が苦手な自分としては韓国の料理はほとんどが興味の対象外^ω^;
まぁ百歩譲って興味持てるのは参鶏湯くらいかなというポジションなのだが、いったいどんな
モノを五郎さんは食すのか。

そして今年は生中継はあるのかw いやまぁ生中継までしなくてもと思うけどね^ω^;
出張場所はともあれ、今年の大晦日の放送も楽しみであるw

タイトルとURLをコピーしました