Apple新製品チェック【MacBook Air 2018】編

Macintosh
スポンサーリンク

先日のAppleのイベントで様々な新製品が発表される中、その一つとして登場したのが
MacBook Air 2018である。

イベント以前の噂でも話題に登っていたので、やはり出たか!というイメージなのだが、
実際の所スペック等はどうなのか調べてみた。

とは言ってもガジェット系のサイト様がスペック比較などは、ガッツリまとめて下さって
いるのでそれを参考に思うことを徒然と・・・^ω^

【MacBook Air 2018検証】

CPUについて

最初に本機が発表された時点ではCPUはCore m系のCPUとしかわからなかった様だがその後、その
CPUがIntelより正式に発表されたことで詳細が判明した。
【Core i5-8210Y】が正式名称であるようだ。
これはMacBookに搭載されているCore m系CPU(Yシリーズ)と系統的には同じとなる。
つまりCPU的にはMacBook Air系ではなくMacBook系になったと言っていいと思う。
(以前のAirはUシリーズのCoreを搭載していた)

Yシリーズはコア数やスレッド数、キャッシュ容量などを減らして消費電力を抑えたCPU。
プロセッサ内蔵のGPUもUシリーズより若干控えめなものが搭載されている。
ただ、Core i5-8210Yはスレッド数は4となっている様だ。
さらに、今までのYシリーズCPUはTDPが5Wとなっていたが今回Airに搭載されたCPUはTDP7Wに
なっており今までのYシリーズとは一線を画するものになっているようだ。

ディスプレイ

最も大きな変更点として、Airとしては初のRetinaディスプレイを搭載したことが挙げられる。
解像度は2560x1600px。ベゼルが前モデル比50%細くなっている。
ただ、公式サイトを見る限り最近主流となりつつあるDCI-P3準拠では無いようだ。

ストレージ及びメモリ

PCIeベースのSSDで128GBと256GBモデルが用意され、メモリはどちらも8GB.
ただしオプションでSSDは1.5TBまで選択可能。メモリは16GBまで選択可能となっている。

本体サイズ等

ベゼルが細くなったことも合わせて本体サイズは32.5cmから30.41cmと小さく、厚さは
1.7cmから1.56cmへと薄くなり重量も1.35kgから1.25kgへと軽量化されている。
カードスロットやMagSafe2は廃止となり、Thunderbolt3(USB-C)ポートが2つに変更されている。
ヘッドフォンジャックも残っている。

Macbookとの比較

Air2018の雑感

正直な感想だがCPUがYシリーズに変更になったということはAirという名を冠しているが
現行モデルのバージョンアップというより、MacBookのAir版(13.3インチ化)という風に感じる。
そこで、Airでは無くMacBookと比較してみたいと思う。

vs MacBook

まずは価格対決。
【MacBook】の最低価格モデルは税別142,800円である。
これに対して【MacBook Air】は税別134,800円。しかしこれはストレージ容量がAirは128GBで
あるのに対しMacBookは倍の256GBになっていることが主な原因だと思われる。
ストレージ容量が同容量モデルの場合、Airは税別156,800円なので価格差は14,000円。

ディスプレイのインチサイズと新しいCPUプラスThuderbolt3ポートが一つ多い事を考えれば、
価格差14,000円は納得の価格だろう。
私個人的には(経験上)今の所、ストレージ容量は128GBあれば事足りると思っている。
確かに多いに越したことはないが、OSとアプリのインストール領域としては128GBで十分だ。
しかもAirはThunderbolt3ポートが増えているため、電源アダプタを使用中でもtype-c対応
USBメモリ等を使用することができる。まだまだtype-aのメモリに比べれば高額な商品が多いが、
作業領域としてUSBメモリが使えるのは大きい。

できれば次期MacBookではAirからフィードバックして128GBストレージモデルを用意し、
Thunderbolt3も2ポートにして欲しいものだ。
またはAirの11インチモデルの復活をお願いできないだろうか^ω^;
あー、そのサイズ感のデバイスが欲しいならiPad Proを買えば良いのかw

仕事に使うならやはりMac

私が普段仕事に使うPCはWindows機ではなくMacである。
昨今、Webサイトのデザインや作成、文書や表計算などのアプリはMacでもWindowsでもOSに
関係なく使用できる環境になっているが、やはりOSの成熟度で考えた場合MacOSに一日の長が
あると思う。

Windows Updateに関する記事でも書いたが、個人的にWindowsはアップデートに絡む不具合の
発生が多いと感じる(それはアップデートが毎月あるというのも原因だろうけど)

例えば今回の1809へのアップデートでもそうだ。
一般的なユーザが発見できないような不具合やバグなら(もちろん無いに越したことはないが)
存在しても仕方がないと思う(それはMacOSといえど存在するし)が、ファイルが勝手に消えるとか、
確認ダイアログが表示されないとか不具合のレベルが酷くなってはいないだろうか?
まぁBSODが多発して使えないとかアップデートプログラムが終了せず何度も何度も繰り返すとか、
もっと酷い不具合が発生したこともあったけども・・・だ。

ま、職場に設置された端末がWindowsなので仕方なく使っているという人が圧倒的だと思うが
私のようにMacを使って仕事ができる人間はラッキーなんだろう^ω^;

WindowsにはWindowsの良いところもあるので、用途によって使い分けるというのは必要な事だと
思う。とにかく、アップデート絡みの不具合はなんとか減らしていただきたいとお願いしたいw

今回発表されたApple製品で、興味があるものはまだあるのでそれはまた別の記事で。

タイトルとURLをコピーしました