【まだ結婚できない男】最終回感想 桑野さんの戦いは続くw

TV視聴録
スポンサーリンク

管理人は恋愛系ドラマはほとんど見ない人間なのだが、前作【結婚できない男】は楽しく視聴したw
阿部寛さんが主演だったので取り敢えず第1話を見てみたら非常に面白かったからである^ω^

とうとう迎えました最終回。前回の9話では結局なんだかんだ物事は動かなかったと感じたが
今回はどうなのか?まぁはっきりした決着が出るような展開ではないけどねw 今作もww

以下、しっかりネタバレしているので、その点ご注意ください^ω^;
※演者さんの敬称は基本的に略させていただきます。

第9話:第10話(最終話) ざっくりあらすじ

第9話:偏屈男が素直になって悪いか!! あらすじ

病気で倒れた桑野さん。心配したまどか先生達三人はお見舞いに行きいつもと違った素直な態度の
桑野さんに驚く。しかし退院した桑野さんは結局いつも通りの態度に戻りまどか先生といつものように
ケンカしてしまう。

桑野さんは離婚して一人になる男性、木村さんから『一人で快適に暮らせる家』を依頼される。
まどか先生に謝りに行った桑野さんは、戸波さん出演の芝居に行けなくなったまどか先生の代わりに
芝居を見に行くことになる。それは有希江さんと二人きりでのお出かけという事だった。

苦手な桑野さんが見に来たことで萎縮する戸波さんだったが、桑野さんは高評価する。
芝居を見た帰り、有希江さんと二人もんじゃを食べに行き、いつものこだわりを展開する桑野さん。
しかし有希江さんはそのこだわりを一瞬でひっくり返し『勉強になります』と言わしめるw

二人だけお出かけを気にしたまどか先生は、有希江さんの様子を伺いに行くが当の本人はとても
楽しかったと嬉しそうだった。反対に『桑野さんの事気になってるんじゃないの?』と言われ
動揺を隠せないまどか先生w

戸波さんは浮かない顔でタツオの散歩途中でまたしても強面の男性・工藤さん(演:RED RICE)に遭遇し、
再び追いかけられる。しかし、実は彼は落とし物を戸波さんに返そうとしているだけだった工藤さん。
飼い犬おもちちゃんとタツオが仲良くなり、二人も仲良くなる。

事務所に木村さんがやってきて設計を一旦ストップするように頼まれる桑野さん。
それは離婚予定の妻に訴えられたからだった。そしてその代理人はなんとまどか先生だった。
桑野さんはまどか先生の事務所を訪ね、その事について話こうまどか先生に言うのだった。

『なんだかややっこしい話になってきましたね』

第10話:幸せになりたくて悪いか!! あらすじ

木村さん夫妻の裁判に証人として出廷することになった桑野さん。
すっかり仲良くなった戸波さんと工藤さんに遭遇する。怖がって逃げてた癖にと急展開だなと
桑野さん。戸波さんには癒やしてくれる人が出来たようだ。

有希江さんのカフェでまどか先生と出会った桑野さんは裁判の事と英治くんの結婚式での
ブーケトスについての事でまた一悶着w 有希江さんはその様子に何故か微笑ましい様子w

裁判当日、法廷で開廷を待つ桑野さんとまどか先生の様子を見に英治くん夫妻と戸波さん
有希江さんがやってくる。裁判が始まり、桑野さんに〝家が本当に一人で住むためのものか〟を
質問するまどか先生。

結局桑野さんとまどか先生の感情のぶつかり合いになってしまい、桑野さんへの質問は終わる。
まどか先生は母親の様子を気遣い故郷の長野へ帰ることを考えていると有希江さんに話す。
有希江さんは桑野さんに相談してみたら?と言う。

桑野さんは家の設計を〝二人でやり直せる家〟の設計に変更しまどか先生に託す。それを見た
木村さん夫妻は離婚も止め、やり直す事になる。そこでまどか先生は桑野さんに長野に
帰ることを告げる。

コンビニで偶然会ったまどか先生は桑野さんに誰かが止めてくれればもしかしてという話をする。
それを聞いた桑野さんは考えたあげく、まどか先生を呼び出し長野に帰るのは止めた方がいいと
話し『あなたがいないとつまらないし。寂しくなるんで』と言う。

その事に感動して長野に帰ることをやめるというまどか先生。が、桑野さんがもう一度その発言を
やり直そうとしたことでまた大揉めしてしまう。周囲の心配に乗っかった形で仲直りを提案する
まどか先生。それを受け入れた桑野さんはまどか先生を映画に誘うのだったw

9話・10話を含む〝まだ結婚できない男〟の感想w

物足りない感は否めない

前作に比べて2話分短いので仕方ないと思うが、やはり全体的に物足りない感は否めないかな。
ただ、10話で終了する予定だったのならばもう少し違った展開の仕方もあったのではないだろうか。
でもまあ、概ね桑野さんは桑野さんだったと思える内容ではあったかなw

今作で何よりも変わった点は英治くんが結婚したという点だけかなw
前作に比べて桑野さんのように独身を謳歌する人間は(現実でも)増え、アレほど孫の顔が見たいと
言っていた桑野さんのお母さんでさえ理解を示すようになっているし。

少し親しい隣人に終止した戸波さん

10話しか無いのなら、まどか先生と有希江さんの二人の女性でも良かったんじゃなかろうか。
自分が視聴感想の中でずーっと『戸波さん』なのも全く印象に残っていないからだw
大体10話しか無い中2話分は謎の隣人であってその後もエピソードらしいエピソードは3話のみ。

個人的な感想としては、結婚式で桑野さんの見せ場を作った英治くんや桜子さんよりも存在感って
無かったように感じてしまうのだが^ω^; 百歩譲っても【タツオの飼い主】という印象しか無い。
後は女子会の会場提供者かな^ω^;

まぁ三人の中で唯一決着が付いた人だったかもしれない。
というか桑野さんとの関係はお互いに少し知っている隣人以外の何者でもなかったけどw

まどか先生と有希江さん

前作での夏美先生もそうだったように、桑野さんと付き合える人は桑野さんに怯まず戦える人
なんだと思う。今回の3人の女性の中ではまどか先生がその役まわりだった。
なんだかんだ言ってまどか先生以外は桑野さんとやり合う事はなかった訳でw

前作は桑野さんとの付き合いが一番長い女性・沢崎さん、単なる隣人だったみちるさん、病院で
初めて出会った夏美先生。それぞれがそれぞれに桑野さんを思って曲がりなりにも決着は付けて
作品は終了した。

今回は正直なところ最初からまどか先生との一騎打ちだったと思うw
有希江さんについて桑野さんが徹底的に優しかったのは、根がいい人の桑野さんが有希江さんが
一番弱っている場面を見てしまっていたからだと思う。

有希江さんは有希江さんで桑野さんを優しい人だと知ってはいるが、まどか先生と桑野さんの
やり取りが意地の張り合いであることに気付いたのではないだろうか。
まぁでもこのままこの話が続いていくなら、有希江さんが攻勢に転ずる事もあるかもしれないw

有希江さんとまどか先生の大きな違いは、有希江さんは桑野さんの行動に何かしら反論するに
しても、桑野さんに全て行動させてから改めて反論している点だ。
きっとまどか先生なら桑野さんがもんじゃを作り上げる前に茶々を入れて揉めたに違いないw

法廷でのまどか先生の言葉は桑野さんへの質問というより、思わず出てしまった本音という
印象を受けた。有希江さんがまどか先生に桑野さんとの関係を『私が合わせているから』と
言ったのも法廷でのこの発言を見ての事だと思うw

有希江さん、ほんとに優しい人だなw 有希江さんにもどうか幸せが訪れますように^ω^
桑野さんも木村さん夫妻のために二人でやり直せる家に設計を変え、しかもそれをまどか先生に
提案してもらうという格好良すぎる行動に出るw

その新しい提案と桑野さんとまどか先生の戦いを見て木村さん夫妻はやり直そうと考える。
結局木村さん夫妻はコミュニケーション不足だったんだろうな。
ちゃんとケンカもしてなかったと思える訳だから。

有希江さんの応援を得て、まどか先生も桑野さんに長野に帰ると攻勢に出るw
一旦はその場から逃亡した桑野さんだったが、まどか先生に話す内容をガッツリ用意し
長野に帰らないで欲しいと桑野さん精一杯の言葉で伝える。

あの机で破ったノートにまみれた桑野さんは話す内容を考えていたんだなぁ^ω^;
普段が普段だけに桑野さんが言う言葉は効果絶大であるw『あなたがいないとつまらない』
いやしかし桑野さん、なぜテイク2を望むのか^ω^;

まぁ桑野さんらしいっちゃらしいけどねw
夏美先生にも『家の設計ができないから結局結婚はできない』と言ってキレられたし^ω^
十三年経っても桑野さんは桑野さん。40年培ってきた事は13年じゃ治らないって事かな。

まぁ変わっていたら夏美先生と結婚していただろうしww

何はともあれ

桑野さんが主人公であり、十三年を経た桑野さんが変わっていないという観点から見ればとても
面白い作品だった。やっぱり桑野さんは桑野さん。
九話で倒れたときも中川先生に『あの女医にだけは知らせるな』と言ってたしw

ん?という事は夏美先生はまだ中川総合病院にお勤めなんだろうか?
確かに病室のドアがノックされた時、桑野さんの顔が引きつっていたが^ω^;

それにしても前作の主要女性が一人くらい出てきても良かったんじゃないだろうか。
まぁ夏美先生はアレなんで、みちるさんくらい。みちるさんならポジティブな人間だったので
もう結婚して数人子供がいてもおかしくは無いしw

現実的に考えれば13年会ってない人に会うってことは稀だとは思うけど、桑野さんは建築家
なのでみちるさん夫婦が家を建てるなんて事にすれば会ってもおかしくない設定だったとは
思うのだがw

棟梁の後を継ぐという息子さんが登場し、コバヤシさんという名前だとわかるw
しかし棟梁は桑野さんとの仲が〝良い〟と感じていたんだなw 確かに揉め事は多かっただろうが
英治くん同様、前作からずっと一緒に仕事している訳だしねw

そして今作の〝金田〟だったヤクマルさんがなんとその金田くんと知り合いにw
二人でキャンプを楽しんでいる様子だが、お互いが桑野さんと知り合いだと知っているのだろうか。
ちょっと興味深いw

前作の最終回も桑野さんと夏美先生が結婚するという決着ではなく、なんとなくこれからも二人で
揉めながらも付き合っていくんだろうなぁという終わり方で、最後に桑野さんが作った家の模型と
金魚が2匹に増えた金魚鉢が二人の将来を暗示しているというすごく良い終わり方だった。

今回もまた、まどか先生となんだかんだ揉めながら付き合い続けるのかもなぁという終わり方
だった。が、最後のバナナは前作の家の模型と金魚鉢に比べればイマイチのような気がする^ω^;

まぁでも桑野さんだからな。今回も最終的には『結婚できない男』なんじゃないだろうか^ω^;

タイトルとURLをコピーしました