『iMacよ、お前もか』Apple連日のアップデート^ω^

Macintosh
スポンサーリンク

先日のiPadに続いてiMacも!
やってくれますねぇApple様w
これも本当に嬉しい限りであるヾ(*´∀`*)ノ

新21.5インチ 4Kモデル

第8世代Intel CPUを搭載

今回アップグレードされたモデルはRetina 4Kディスプレイを搭載したモデル。
前モデルの登場は2017年6月なので約2年ぶりのアップデート。
クアッド(4)コア【Core i3:3.6GHz】モデルとヘキサ(6)コア【Core i5:3.0GHz】モデルが用意
されており、オプションでヘキサコア【Core i7:3.2GHz】を選択することも可能になっている。

グラフィックス性能

Core i3モデルは【Radeon Pro 555X(GDDR5メモリ:2GB)】を搭載。
Core i5モデルは【Radeon Pro 560X(GDDR5メモリ:4GB)】を搭載し、オプションで上位モデルである
【Radeon Pro Vega 20(HBM2メモリ:4GB)】を選択する事が可能。

新27インチ 5Kモデル

第8または第9世代Intel CPUを搭載

27インチRetina 5Kモデルは3タイプ用意される。
下位モデルと中間モデルは第8世代、上位モデルは第9世代のヘキサコアCore i5を搭載する。
下位モデルはヘキサコア【Core i5:3.0GHz】、中間モデルはヘキサコア【Core i5:3.1GHz】
上位モデルのみ第9世代ヘキサコア【Core i5:3.7GHz】となっているが、中間・上位モデルはオプションで
第9世代オクタ(8)コア【Core i9:3.6GHz】を選択することも可能である。

グラフィックス性能

下位モデルは【Radeon Pro 570X(GDDR5メモリ:4GB)】を搭載。
中間モデルは【Radeon Pro 575X(GDDR5メモリ:4GB)】を搭載。
上位モデルは【Radeon Pro 580X(GDDR5メモリ:8GB)】を搭載しており、さらにオプションとして
【Radeon Pro Vega 48(HBM2メモリ:8GB)】を選択可能。

21.5インチモデルも27インチモデルも基本構成では価格は据え置きとなっているようだ^ω^
搭載できるストレージや拡張ポートなどはほぼ変化なく、更新された部分はシステムの中核となる所が
ほとんどである。

27インチモデルは、Web関連の作業をする場合作業領域がとても広いので重宝する。
もしも私が購入するなら間違いなく27インチモデルなのだw
まぁ、でもi9は必要ないかなー^ω^;

新モデルについて思うこと

先日のiPad同様、目新しい機能や抜本的な更新は無い訳だが、やはり心臓部たるCPUやGPUを定期的に
アップデートして貰えるのはとてもありがたいw

正直な所、CPUやGPUの能力は画像処理(2D・3D)や動画編集・エンコードさらにはゲームといったヘビーな
処理をしないユーザにとってはオーバースペック気味だと思っているので2年で買い替えるユーザは
多くないかもしれない(管理人のような人間は別だが^ω^;)

正直、ネットで動画を見るとか仕事で文書や資料を作成するレベルの作業なら、2年前のCPUでも(メモリ
さえ十二分にあればw)問題無くこなせるわけだが動画編集やゲームは上を見るとキリがない^ω^;
それでもまぁ、お金さえあればガンガン買い替えちゃうんだけどねー。

そんな余裕全く無いわww

タイトルとURLをコピーしました