【下町ロケット】最終回直前! 主要登場人物総まとめ -その3-

TV視聴録
スポンサーリンク

次回で最終回。
その前に下町ロケット、登場人物の10話までをきっちり復習しておこう。

続いて その3:ダーウィン・プロジェクト関係

以下、しっかりネタバレしているので、その点ご注意ください^ω^;
※演者さんの敬称は基本的に略させていただきます。

ダーウィン・プロジェクト

ダイダロス

『安さ一流、技術は二流』という戦略で、業界を荒らしていた新進の小型エンジンメーカー。
佃製作所の競合会社である。

重田登志行/ダイダロス社長(演:古舘伊知郎)

かつて帝国重工・的場が実行した下請け切りによって倒産した重田工業の元社長である、

【ゴースト編】

ケーマシナリーらと共謀し、ギアゴーストを手に入れるべく暗躍していた。
ギアゴーストが、ケーマシナリーに勝訴すると正面切って的場の悪行を伊丹に教え、仲間に
引き込むことに成功した。

かつて重田工業という帝国重工の下請け会社の社長であったが的場による下請け切りにあい会社は
倒産。会長であった父・登志信は失意の内に亡くなった。その事で帝国重工的場に恨みを抱いている。
さらには、似た立場であったギアゴーストの伊丹を復讐に引き込み、佃製作所を裏切らせ、島津を
追い出す原因を作った張本人である。

【ヤタガラス編】

仲間に引き込んだ伊丹のギアゴーストが持つトランスミッション技術とキーシンが野木教授より
盗み取った技術を利用して無人農業ロボットダーウィンを開発しており、帝国重工アルファ1より
一歩先をゆく状態である。

また、その事実に焦った的場の自滅と過去の的場の悪行を公表することで帝国重工と的場を確実に
追い詰めている。

いつもの料亭に集まり、アルファ1の横転動画を鑑賞して盛り上がる。
その後、ダーウィンのモニター募集を開始するとし、1年という期間で問題がなければ一気に30台の
契約が取れる計画を進める。それにより帝国重工に一気に差をつけるとしている。
さらにダーウィン・プロジェクトが首相肝いりのICT農業推進プログラムに認定されたことにより
政府お墨付きとなり、さらに調子に乗っているようである。

さらに、同時にデモを依頼されたアルファ1を再び、今度は首相の前で完膚なきまでに叩き潰すと
息巻く。

現在のところダーウィン・プロジェクトは万全であるように見えるが、テスト走行中突然エラーで
停止するといった問題がヤマタニから報告されている。

ギアゴースト

帝国重工を事実上追い出された伊丹と島津が共同で起業したトランスミッションメーカー。
ゴースト編でケーマシナリーによる特許侵害訴訟を起こされるが、佃製作所の協力で勝訴を
勝ち取った。

トランスミッションの技術では佃製作所をも凌駕する力を有しているが、それは開発担当だった
島津の功績であり、彼女が抜けた後は代りに開発主任となった氷室が開発を引き継いでいる。

伊丹大/ギアゴースト社長(演:尾上菊之助)

5年でギアゴーストを急成長させた敏腕社長。元帝国重工社員。

【ゴースト編】

経営理念を〝信念〟というほど自身の会社に対して熱い気持ちを持っている社長であった。
帝国重工時代の経験から、社員だけは絶対に守るという考えを持っており、買収の要件もそこに
拘り続けていた。
また、島津の夢に共感し、ユーザーの為になるトランスミッションを作ろうと努力していた。

佃製作所に負担をかける買収話に悩み、辞退も考えるなどするが、佃社長に誘われて殿村家の
田植えに参加したことで、農業機械に最適なトランスミッションを開発するという夢を佃と共有
するようになり、共にやっていく覚悟を決める。
佃に紹介された神谷弁護士と、佃製作所全社の協力で裁判に勝利してギアゴーストは救われる。

しかし、ダイダロスの重田から自身を帝国重工から追いやったのが上司だった的場であると知らされた
伊丹は、ギアゴーストの起業時の信念や夢をないがしろにし、的場への復讐心に支配されてしまう。
そして佃製作所や共同経営者であった島津をも裏切ってダイダロスと資本提携を行なった。

【ヤタガラス編】

佃製作所からの多大なバックアップにより会社を存続できたにも関わらず、ダイダロスの重田から
帝国重工・的場の所業を聞かされた事で、復讐の為にダーウィンプロジェクトに参加する。

共同経営者であった島津は、その行動に異を唱えるが伊丹はもう島津は必要ないとして切り捨てる。
島津の後継者として氷室を雇用し、ダーウィン・プロジェクトの中核として帝国重工・的場が発表した
アルファ1プロジェクトを利用してダーウインを大々的に知らしめると共に、的場を窮地に立たせる
ことに成功している。

ダーウィンのモニター募集の開始を急いでおり氷室に対して問題が無いか確認している。
その氷室の態度に不安を感じており、退社に追いやった島津の復職を画策していた。
直前に佃社長が島津を佃製作所に誘った事を知らず、明応大学に島津を訪ね、もう一度一緒に
やらないかと誘う。

その際、島津の口から氷室の名が出た事を、島津が氷室に対して嫌悪感を抱いていると勘違いし
また、自身も日頃の氷室の態度に疑問を感じ始めていた事で、島津に対して「気に入らないなら
追い出してもいい」と発言する。

それを聞いた島津はあれほど社員を大切に考える男だった伊丹が、変わり果て自分達を切り捨てた
帝国重工と変わらない事を平然とやるようになっている事に落胆、そして憤慨し、伊丹の誘いを
毅然とした態度で断った。

島津は伊丹に対して、「自分は本当に必要とされている所になら行きたいと思っているけどそれは
アンタの所じゃない」と言い放ち、じゃあねと背を向けた。
島津に最後まで残っていたギアゴーストへの想いを、伊丹自らが断ち切る形となった。

その後柏田から、島津が佃製作所に入ったらしいと聞いた時はクッソーと言って悔しがったが、
島津を切り捨てたのは自分自身である。的場が重田工業に言った自業自得じゃないですか?という
言葉を彼にも送りたいと思うw

結局氷室を追い出すわけにはいかず、あからさまに機嫌を取っているようにも見える。

首相の視察に置いてアルファ1との再対決を行うことになった事には「面白そう」と発言するが
帝国重工側に佃製作所が参加している事にはまだ気づいていないようである。

氷室彰彦/ギアゴースト開発主任(演:高橋努)

島津の後釜として伊丹が連れてきた現ギアゴースト開発主任。

【ヤタガラス編】

自分の腕に絶対の自信を持っており、島津のことも必要ないから出ていって貰ったと言い放つ。
ギアゴーストと佃製作所の間に何があったのかも全く知らずに、佃製作所に対しても同様の発言を
しており、柏田から窘められているが意に介さず挑発的に話を続ける。

我慢しきれなくなった立花がキレそうになると、立ち向かうでもなくとっとと逃げ出しており、
器の小ささを十二分に発揮している。

自信を持っているだけに他人から見ても高い技術を持っているようだが、自分の腕を過信する・
相手のことを下に見て油断する傾向が顕著である。
部下に対しても命令ばかりしており、反対意見を言う者もいない為、増長しているようにも見える。

ヤマタニから報告された、ダーウィンがテスト中に停止した件でも調査すら行わず、自社のトランス
ミッションの問題ではないとしているが、実際のところは定かではない。

伊丹にもその態度が問題として映るようになっており、万が一島津が復職していたなら追い出された
可能性も大いにある。

何を聞かれても、当然、大丈夫、問題ないと発言しているが、自身の技術力に自惚れるあまり、
自社のトランスミッションについて検証すら行っていないようである。
しかしダーウィンの停止問題の原因がトランスミッションにあった場合、取り返しのつかないことに
なりそうである。

まぁ、ポンコツぶりから察するに、きっとそうなるんだろうけど^ω^;

柏田宏樹/ギアゴースト開発社員(演:馬場徹)

ギアゴーストの開発部社員。

【ゴースト編】

リバースエンジニアリングの際に佃製作所のメンバーと対立し、その後島津が佃製作所の方法を
評価し実行したことで和解していたが、佃製作所に買収されそうになったときは、反発していた。

ギアゴースト内部からの情報流出が懸念された際には、嫌疑の対象となり、同僚の坂本に尾行される
などしていた。尾行の結果は単なる仕事の打ち合わせであった。
その後、技術漏洩の犯人が末永弁護士であったことがわかり、嫌疑は晴れた。

【ヤタガラス編】

佃製作所の協力で、裁判には勝訴したが的場への復讐を選択した伊丹が佃製作所を裏切り、
ダイダロスと手を握ったことで佃製作所との関係は悪化した。
しかし佃製作所に対しては申し訳ないことをしたという意識はあるようで、居酒屋で遭遇した際は
場所を変えようとしていた。

氷室の技術力は認めているが、上司としての仕事ぶりや、技術者としての態度などには疑問を
持っているようである。前開発主任島津に対しては全幅の信頼を置いていた節がある。

島津が佃製作所に入社した後、森田工業で佃社長と一緒にいる所を目撃して伊丹と坂本に報告
している。

坂本菜々緒/ギアゴースト開発社員(演:菅野莉央)

ギアゴーストの開発部社員。

【ゴースト編】

伊丹が確認していた書類を偶然見てしまい、佃製作所による買収の話しを知ってしまう。
本人は、これでギアゴーストは助かると思っていたようだが、その話を柏田にしたことで柏田は
佃製作所による買収に不満を持つようになる。
その後開発情報の漏洩疑惑が持ち上がると前述の事から柏田を疑い、尾行するという行動力を
発揮している。

【ヤタガラス編】

氷室が会社内外で吠えるシーンで不快そうな表情をするのみで、発言などは無かった。
10話において、島津が佃製作所に入った事を知った時「佃製作所が高待遇で迎え入れたということ
でしょうか」と島津の事を全く理解していないような発言をしている。

キーシン

かつて、野木教授と共同で研究を行っていた企業だが、その真の目的は野木教授の開発ソースを
盗み出すことであり、それに成功して後は資金の返還を求めて野木教授を訴えるなどしていた。
ダーウィン・プロジェクトの発起人に名を連ねているが加わった経緯は不明。

戸川譲/キーシン社長(演:甲本雅裕)

【ヤタガラス編】

野木研究室から野木教授の開発ソースを盗み、無人農業ロボットの自動制御プログラムを開発
しているらしい。どれくらいの技術力があるのかは定かではないが開発ソースを盗まなければ
いけないような会社であることから技術力は大したことは無いのでは無いかと推察される。

アルファ1が横転する動画を何度見ても気持ちいいと発言している。

ダーウィン・プロジェクトに参加する企業の中で唯一違法行為を行っている企業であり、ぜひ
天罰が下る事を強く臨むものであるw

北堀企画

テレビ番組の制作会社で、朝の情報番組『アサスマ』を担当している。
ダーウィン・プロジェクトの宣伝を担当している。

北堀哲哉/北堀企画社長(演:モロ師岡)

【ヤタガラス編】

ダーウィン・プロジェクトの発起人には名を連ねていないが、重田や伊丹が帝国重工・的場に恨みを
抱いていることは重々承知しており、その上で協力しているようである。
彼自身が帝国重工へ恨みを持っているかどうかは定かではないが、ダーウィン・プロジェクトが帝国
重工という大企業を追い詰めて行く様を楽しんでいるように見える。

アルファ1横転動画が大量にネットに出回っている事で、北堀社長は俺が手を回さ無くても
ダーウィン・プロジェクトは世間に広く認知されたと発言している。

ヤマタニ製作所

大手の農機具メーカー。佃製作所とは20年来の付き合いであったがダイダロスとギアゴーストから
持ちかけられたダーウィン・プロジェクトに興味を持っていた所へ佃製作所の帝国重工プロジェクト
参加話で、渡りに船とばかりに佃製作所との関係を切り、外装やデザインと販売を担当。

蔵田慎二/ヤマタニ製作所調達部長(演:坪倉由幸)

【ゴースト編】

社長の方針で商品を一新する事になり、佃製の高性能エンジンを搭載する高級機とダイダロス製の
エンジンを搭載する低価格機に分けられることとなり佃製作所との取引は大幅減となる。
個人としては申し訳ないと思いつつも社の方針には従順な人物。

ダイダロス重田に対して口を滑らせ、ギアゴーストの訴訟問題を教えてしまうなど、失言しやすい
傾向がみられる^ω^; 実際のところは重田自身が裏で訴訟を操っていたのだが・・・w

【ヤタガラス編】

佃製作所に申し訳ないと思いつつも、会社の方針としてダーウィン・プロジェクトに協力していく事に
なる。佃社長が帝国重工のプロジェクトに参加する際にヤマタニに仁義を通しに来た際には、思わず
『正直、ホッとしてます』と発言している。

ダーウィンが走行テスト中突然停止するという現象が発生しておりダーウィン・プロジェクトに対して
問い合わせているのが現状である。

入間尚人/ヤマタニ製作所工場長(演:丸一太)

【ゴースト編】

佃製作所とは良好な関係を築いていたようで、ギアゴーストが出資の依頼に訪れそれを断った際、
『佃製作所さんに相談してみましたか?』というような発言もしている。

【ヤタガラス編】

最初にダーウィン・プロジェクトが売り込みに来た際は『ウチの販売網が目当てという事ですか』と
少なからず嫌悪感を示していた。また、佃製作所に一言入れるべきだと蔵田に主張していたが、
社の方針と蔵田に丸め込まれたようで、佃社長が新規事業における仁義を切りに赴いた際は
『恨みっこなしで行きましょう』と発言している。

その後蔵田と二人でアグリジャパンイベントのデモ動画を見てダーウィンの進捗具合に感心し、
発売前から問い合わせが来ていることを喜んでいる。

最後までお読みいただいた方、ありがとうございましたm(_ _)m

他の項目は以下のリンクからどうぞ。

【下町ロケット】最終回目前!主要登場人物総まとめ -その1-
次回で最終回を迎える下町ロケット【ヤタガラス編】その前に登場人物の10話までをきっちり復習しておこう。まずは、その1:佃製作所関連の方々から。
【下町ロケット】最終回目前!主要登場人物総まとめ -その2-
次回で最終回。その前に下町ロケット、登場人物の10話までをきっちり復習しておこう。続いて その2:殿村家・北海道農業大学他以下、しっかりネタバレしているので、その点ご注意ください^ω^;※演者さんの敬称は基本的に略させていただきます。
【下町ロケット】最終回目前!主要登場人物総まとめ -その4-
次回で最終回。その前に下町ロケット、登場人物の10話までをきっちり復習しておこう。最後に その4:帝国重工関連以下、しっかりネタバレしているので、その点ご注意ください^ω^;※演者さんの敬称は基本的に略させていただきます。

最終回、大いに期待したい。

タイトルとURLをコピーしました