【下町ロケット】TEAM NACS グッジョブ!(*゚∀゚*)b(7話終了)

TV視聴録
スポンサーリンク

第7話、さらに追い込まれる佃製作所!
さらには財前部長も大ピンチ^ω^;
今回も問題の整理&見所、今後の予測などを書いてみたいと思う。

以下、しっかりネタバレしているので、その点ご注意ください^ω^;
※演者さんの敬称は略させていただきます。

第7話における佃製作所の状況

帝国重工の新規プロジェクトから排除される

的場取締役によりエンジン及びトランスミッションを内製化する方針に切り替えられ参加は無くなる。
さらに、無人農業用ロボット向けにすでに開発を開始しており、しかも帝国重工への協力を行う前提で
ヤマタニへ筋を通し、取引を切った佃製作所は全てを失うことになってしまった。

財前部長との確執

全てを帝国重工のプロジェクトへつぎ込む覚悟であった佃製作所には何も得られるものは無かった。
その上、野木教授の再度の説得を依頼される。
野木教授は、あくまで佃製作所への協力のつもりであった為、佃製作所が参加しないなら帝国重工に
協力するつもりはないと言っている。それを説得して欲しいと頼まれる。
憤慨する社員たち。財前部長に全幅の信頼を置く佃社長もさすがに腹に据えかね、珍しく
『ふざけないでください』と言葉を荒げる。

殿村家の現状と農業の未来

前回やり込めた農林協吉川と農業法人稲本の小学生レベルの嫌がらせを受ける殿村さん。
しかし、父親・正弘の米作りに対する姿勢を知った殿村さんはさらに闘志を燃やす。
その話を聞いた佃社長は、優先すべきは農業への貢献であると考えて野木教授の説得を心に決める。

取引を悪役連合に横取りされる

江原係長の活躍によりキジマ工業からエンジンとトランスミッションのセットで受注を受ける。
エンジンとトランスミッションのセット販売だけにその分値引きを考えねばならないが、両方を手がける
佃製作所にとってはチャンスである。

しかしその取引はダイダロスとギアゴーストによって横取りされてしまう。
敗因は、トランスミッションのスペック差。
ギアゴーストのトランスミッションの優秀さは計り知れない。
『エンジンのみなら負けなかった』と思う佃製作所の面々は、トランスミッション開発を中止するよう
佃社長に進言する。

佃社長、農業用無人ロボットの自社開発を決意

技術の差でギアゴーストに敗れた佃製作所は、トランスミッションの技術を更に磨くべく、自社開発で
農業用無人ロボット開発を決める。
しかしロボットのノウハウは佃製作所には無いため野木教授に協力を求める。
元々、佃製作所に協力したいと考えていた野木教授は、プロジェクトから外されたことを人のせいに
するのでは無く、自分たちの実力不足だったと言い切り『このまま終わるとでも思ってるのか?』という
佃社長に協力することを決意。さらに佃の言葉に動かされて帝国重工にも協力を約束する。

第7話における帝国重工の状況

的場取締役、プロジェクトを完全に手中に收める

佃製作所を排除しエンジン・トランスミッションを内製化した的場取締役。佃製作所を外したことにより
協力を拒んだ野木教授を佃に説得させ、成功すると財前部長までも外して完全にプロジェクトを我が物にする。
それは次期社長を決める取締役会に合わせる為だった。

そして財前部長の代わりに自身の腹心の部下である奥沢部長を野木教授への窓口とする。
しかしそれは野木教授の帝国重工への不信を増大させる方向にしか作用していない。

無人農業用ロボット開発プロジェクトを【アルファ1】と命名し、大々的にマスコミに発表する。
しかしその行動は、帝国重工の動きを事前に察知し準備万端整えていた悪役連合のダーウィン
プロジェクトの話題作りに利用されてしまう。

第7話における悪役連合の状況

キーシン社長戸川、奥沢部長より情報を得る

財前部長の野木教授説得が遅れていたため、キーシンに対して問い合わせを行う奥沢部長。
自身が技術を盗み出した野木教授を悪しざまに言い、見下す戸川。会話の中で帝国重工が月末になにか
行動を起こすことを知り、連合のメンバーにご注進。

その場でキジマ工業の仕事をギアゴーストに知らせて佃製作所から横取りするダイダロスとギアゴースト。
キジマに売り込んだ結果、佃製作所から受注を横取りすることに成功する。
ギアゴーストのトランスミッション性能が佃製作所のそれを上回った事が受注成功の理由である。
他社の取引に横から割り込むというのはダイダロスの得意技だが、今回はギアゴーストの
確かな技術力に打ち負かされた形の佃製作所であった。

そして悪役連合は帝国重工のプロジェクト発表に合わせて動き始める。
発表時、佃社長に会い帝国重工がどんな会社かわかっただろうというダイダロス・重田社長。
佃社長が野木教授を説得したにも関わらず、プロジェクトを外された事を把握しており
「私が佃さんの分まで敵討ちをして差し上げる」と言って去ってゆく。

帝国重工が大々的にマスコミ発表をした翌朝、ダーウィンプロジェクトを大々的にテレビ中継で発表。
前日の帝国重工のアルファ1プロジェクトを話題作りに利用したのであった。
さらに、大企業帝国重工vs下町中小企業連合という構図を作り出し視聴者に応援を訴えるという
手段に出る。

今回3つの勢力のうち最も成功したのは悪役連合・ダーウィンプロジェクトと言えよう。

今回の見所

殿村さん父親の偉大さを再認識する

前回、殿村さんにガツンと食らわされた農林協職員吉井。支配下にある農業法人の稲本と共謀し、
スーパーの販売ブースを横取りする、殿村家の前にゴミを捨てるという小学生レベルの嫌がらせを
やり始めるw
『あれだけ俺にでけぇ口叩いたんだからさ。ただで済むと思うなよ』という吉井。
頭にきた殿村が文句を言いに行こうとするが『ほっとけ』という父・正弘。

その出来事を電話で聞いた佃社長。
「そりゃ酷いな」という佃社長に対し、殿村は

親父見てたらそんな怒りも吹っ飛んじゃって。

と話す。

殿村の父・正弘は何十年も厳しい自然を相手に戦い米を作ってきた。
そして自分の米を楽しみに待っていてくれる顧客に素晴らしい米を届けることのみに拘っている。
人間通しのくだらないイザコザなど〝どうでもいい〟と考えている。
そういう父親の態度、そして顧客から届く感謝の手紙や写真。さらには財前部長から送られてきた手紙。
そこには

私が今手がけている事業が、お父様の米作りを守る手助けになれるかもしれません。
その実現に向け全力を尽くす所存です。

と綴られていた。財前の手紙や顧客から寄せられる手紙や写真を見て殿村は、

なんか愚痴なんかこぼしてる場合じゃないなって。
良いコメを作るために自分に出来ることをとことんやり抜くだけですよ!

と佃社長に宣言する。

今まで殿村家の米を買ってくれている顧客は〝良いものは良い〟と判ってくれるお客様だろう。
その方たちから届く感謝の手紙やそれを美味しそうに食べる子供の写真なんて見たら吉井や稲本みたいな
小物を相手にしてる場合じゃないと思えるだろうな。頑張れ殿村さん^ω^
そしてその殿村の思いはまたしても佃社長のトランスミッションへの原点を思い出させ、行動を起こさせる。
殿村さんは会社を辞めても佃社長に重要な指針を示す存在なのである。

氷室開発主任、今回も傲慢さを十分発揮w

設計したトランスミッションによって取引を横取りしたギアゴースト。
佃製作所のトランスミッションをスペックで凌駕したのだから技術はあるのだろう。
柏田の褒め言葉にも、相手は佃製作所、素人のトランスミッションに負ける訳ないと

片手で握り潰してやったよw

と不遜に笑う。
それを聞いて、顔を背ける柏田達。きっと今後ギアゴーストの弱点となるだろうこの男。

伊丹が見ている島津の考えたトランスミッションの設計図を見て
『島津って人が作ったものだそうですね』といい、品質は保証する、改良を進めてくれという伊丹に
渋々解りましたよ、と答える氷室主任。

中小企業には中小企業の戦い方がある

と言う伊丹。

いやーイタミンそれは仲間がまっとうな企業ばかりの場合だろ?キーシンとかパクリ企業が
参加してて今後プロジェクトがきちんと成り立つかな?w

奥沢部長、比類なきそのポンコツっぷりw

野木教授とお互いに協力関係を結んだ佃製作所。試作1号機のエンジン&トランスミッションを
北海道に持ち込み、現地でテストを開始する。

そこへ、やってくる財前部長の後釜、奥沢部長。
野木教授の前で佃製作所の面々に対して

余計なことはしないでいただけますか

と言い、山崎部長が野木教授の説得について意見すると、

そんなこと下請けなら元請けに協力するのは当然でしょう

と発言。
農業用無人ロボット開発の意義を佃社長に言われると

いいから。下請けさんはこちらの指示に従えと言っているんです。
もうこれ以上御社の力は必要ない。わかったらお引取り願えますか?

と言い放つ。

そしてとうとう野木教授の堪忍袋の緒が切れる。奥沢部長に向かって声を荒げる野木教授。

あんた達の考えはよーくわかった。
あの開発コード、くれてやるよ。ただし、アンタにだけじゃない。
あの開発コードを世界中に公開してやる!

開発コードが世界中に公開されれば国内外の企業が開発を始め、すぐに無秩序な過当競争となり
帝国重工の優位性はに地に落ちるという野木教授。
動揺する奥沢部長。なんとか取り繕おうとするも

私だっておたく達から仕事頼まれた下請けだ。
下請けが必要ないと言うなら私の研究だって必要ないはずだ!
そこまでアンタ達が凄いと言うのなら
お得意の完全内製化ってやつで自分たちの力だけでやればいいだろ!!
他所よりも優れたものを下請け抜きで作れるもんなら作ってみろ!!!

さらに今後は財前部長としか話をしないと言い出す野木教授。

私は言葉の通じる人間としか話をしない。
それはあなたじゃない。お引取り願えますか?

奥沢部長は

とにかく協力の方、引き続きお願いします。

と言うのが精一杯であった。

いやいやー。いいねー奥沢部長^ω^; 切れ者そうなのにポンコツっていう。的場取締役もこんな奴が
部下じゃ後々心配ですなーw(それとも社長になったらお得意の人切するのかな?)

上にならえという態度が透けて見える奥沢部長。的場取締役が佃製作所をこき下ろすからそれに
倣ってるんだろうけど、佃製作所が特殊な下請けだという事を知っておくべきだった。

後、人間の心理っていうものを全く読めない人なんだろうか。佃製作所が参加しないなら自分も
参加しないと言っていた相手に対して佃製作所を見下し、追い出すような態度を見せたら野木教授の
不信感をさらに煽るなんて単純な事に気付かない人間なのかな? そりゃキレられるってw
後ろで軽部くんがニヤついてるのが楽しすぎる。

やんわりと「お前は二度と来んな!」って言われてるんだがわかってるかなこの人w

ある意味単純なおバカ部長。
この人がメンバーじゃ本物の悪党揃いの悪役連合・ダーウィンプロジェクトには叶いっこないぞー^ω^;
3大勢力のウチ最も弱そうなのが帝国重工なんだよな。

財前部長に対して、エンジンもトランスミッションも小さくすればいいだけだと言う。
農業機械の現物を知らないからこんな事言ってるんだろうが、その人間が
『ミスター・トランスミッション』として参加するとなればアルファ1の性能にも疑問が^ω^;

帝国重工の機械事業部が不振だったのは実はこの人のせいなんじゃねーの?^ω^;

アルファ1プロジェクトの弱点はこの男に認定しようw
まぁこんな男を重点的に使っているくらいだから、的場取締役の器量も大したことはなさそう^ω^;

野木教授、佃製作所に大いに感心する

佃製作所で、帝国重工とのやり取りを報告(グチる)。
奥沢部長のポンコツっぷりを話し、やはり帝国重工とはやっていけないと話す。

帝国重工は無人のトラクターやコンバインが作れればそれでいいと思ってるが
自分が考えている未来はもっと大きなものだという野木教授。
帝国重工にそれが伝わるかどうかと不安と不満をぶちまける。

山崎部長はその大きな未来について

米作りだけが農業じゃないってことですかね?

と発言。将来、野木教授のの研究が進みトランスミッションの精度も上がれば、
米以外の、土の中にあるジャガイモや地面より高いところにあるトウモロコシなど
様々な作物の収穫に応用できるかもしれないと言う山崎。

まさにその通りなんだよと話す野木教授。
野木教授の研究であれば、きっと出来る。
それを応援させてくれという山崎や加納たち開発部員。

どうやらここの人たちはわかってくれるようだ!

嬉しそうに佃社長を振り返る野木教授。
やる気も十分、ウチに出来ることがあったら何でも言ってくれと佃社長。

開発部員たちにポイントを説明する野木教授。
その後ろでは山崎部長と佃社長が自社を「うさぎとかめ」の話に見立てて
会話している。

いよいよここからだな。

山崎部長に話しかける佃社長。

帝国重工のことは面白くないですが、これもうさぎとかめの
物語だと思って頑張るしかないですね。

そう返す山崎部長。

ウチはどっちだよ・・・。うさぎか?

わかっていながら意地悪そうに聞く佃社長w

かめに決まってるじゃないですか!
しかもかめの中でも最悪に鈍足のヤツですよw

さすが、佃製作所の名コンビである^ω^;

佃製作所ボウリング大会?^ω^;

ボールの質量は13ポンド。ただ真っ直ぐでいい。
力学的には時速26キロのボールをど真ん中にぶつければいい。
ま、スピードで全てぶっ飛ばしてやりますよ!

立花くん、いつもの佃社長のような独自の理論でボールを投げる!
見事に左右に割れて残るボーリングのピン^ω^; こりゃスペアは厳しいぞ立花w

加納アキに自分の代わりに投げてくれという佃社長。
わたしがですか?と驚く加納。

近くでは島津が一人でボウリングをしている。
ギアゴーストの夢をまだ伊丹と島津が共有していた頃のこと。
もう必要ないと言われた日のこと。
それらを思い出し、迷いがある島津のボールはガターに落ちる。
楽しそうな佃製作所を見かけても、声を掛ける事もなく一人で去ってゆく。

島津さん早く立ち直って佃製作所を助けてやってくださいよw

佃社長、財前部長に謝罪する

財前部長に野木教授の件を報告に赴く佃社長。

財前部長が日本の農業のことを考え、心を鬼にして佃社長に教授の説得を依頼していたという事を
理解した佃社長。

本当に申し訳ありませんでした。

と深々と頭を下げる。

我々もいつか必ず日本の農業を支えるだけの力になってみせますから。
それが佃製作所のプライドです。

財前部長はうなずき、佃社長同様、深く頭を下げる。

感想と次回以降の展開を予想

3勢力について考える 【悪役連合編】

今回、一歩先んずる事に成功した悪役連合。帝国重工のプロジェクト発表をうまく利用し、
話題性を横取りした形だ。さすが横取りのプロ、ダイダロスw

ダーウィンチームの弱点

果たしてこの連合関係が今後上手く続いて行くのだろうか。
伊丹が冗談交じりに戸川に帝国重工の話を受けるのか聞いていたが、キーシンならやりそうw

ダイダロス・重田とギアゴースト・伊丹は的場に対する恨みで繋がっているので、このタッグに関しては
解けることはないだろう。伊丹の何処かに島津への贖罪の気持ちが残っていれば、ライトサイドへの
帰還も考えられるが・・・。
7話の中で島津が設計したトランスミッションに対し、品質は保証するという発言があるが、伊丹は
島津の技術力には未だ全幅の信頼を置いているようだ。
だが、的場に対する恨みが心を占めている限り帰還はありえないだろう。

キーシン戸川の参加理由

キーシン・戸川はこのプロジェクトに参加している理由がはっきりしない。
プロジェクトが成功して、金銭的・社会的成功を得る事が目的なら、もしかすると条件次第では
帝国重工側に寝返る事も無いとは言えない。
また、過去に野木教授を騙して研究を盗み出している事からも金銭的成功が主目的であろうと
推測できる。ただ、その事が今後弱点となるかもしれない。
もしその犯罪に対する証拠が残っていれば、再び神谷弁護士登場で訴訟という事もあるかも
しれない。

どちらにせよダーウィンプロジェクトの現時点での弱点はキーシン・戸川であると思う。
全くわからないのは北堀企画・北堀である。この男の目的は何なのか。何故このダーウィン
プロジェクトに関わっているのかが全くわからない。
次回以降その謎は明かされていくのだろうか。

人的弱点、開発主任氷室

さらにもう一つ弱点を挙げるなら、最低人間・ギアゴースト氷室主任がいらっしゃるw
今回は佃製作所からキジマの発注を横取りし、その技術力の高さを証明したが、同時に
「あんな素人、片手で握り潰してやった」と発言し、柏田、坂本のストレス値を上げているように
見える。この辺りが爆発して内部崩壊に繋がる可能性も捨てきれない。
技術はあるのだろうが、人として技術者としては島津の足元にも及ばない。それが他の社員の目に
どう映っているかが問題である。

3勢力について考える 【帝国重工編】

何だろう。大企業の傲慢と油断が染み出している的場取締役主導のアルファ1プロジェクトチーム。
チームと言っても実質は頭でっかちの奥沢部長しかいない訳で、どん底から這い上がってきた重田を
始めとする悪役連合には全く太刀打ちできないような気がする。

このプロジェクトは大企業として、中小企業を侮っている以上ダーウィンプロジェクトをひっくり返す
事は難しいだろう。狙える弱点としてはキーシン・戸川を金で釣ることぐらいか。または北堀企画だが
北堀社長が的場に恨みを持っていたらそれは叶わないが・・・。

財前部長は野木教授との窓口として復活はしたが、藤間社長派と思われている以上、的場取締役が
財前部長を重用するとも思えない。
アルファ1プロジェクトが成功するとしたら、プロジェクトが財前部長の手に戻り、佃製作所と
野木教授の協力が十分に発揮された時のみであろう。
後、アルファ1というネーミングも・・・^ω^;
昭和感拭えぬこの命名も、旧態依然とした大企業を現しているのかもしれないと考えるのは
考え過ぎだろうか^ω^;

さて、的場&奥沢ポンコツコンビの前途やいかに。
帝国重工、沖田会長も巻きこまれないといいけどね^ω^;

3勢力について考える 【佃製作所&野木研究室編】

3勢力中、現在は最も遅れているチームである。
だが、農業用無人ロボットの権威野木教授の信頼を最も得ているチームでもある。
しかもその研究現場において実際の運用を含めて開発を進めているため、ロボットの能力としては
優秀だと思われる。
キーシンが野木教授の開発コードを盗み出して運用しているが、それは数年前のものであり、
例えキーシンが独自に開発を進めていたとしても、現在の野木教授のシステムには及ばないと思われる。
唯一の弱点は、今回も取引を失う原因となったトランスミッションにあると思われる。
これは佃製作所が努力しているが、ギアゴーストのトランスミッションに匹敵するものが今の佃制作所に
開発できるかどうかが問題である。

まぁ帝国重工のポンコツ部長は相手にならないと思うが、人格破綻者ではあるが氷室の技術力は
侮れない。しかもベースには天才トランスミッション技術者、島津の考えたトランスミッションが
あるからである。

この問題を解決するには何らかの形で島津の協力を得るしか無いと思われるが、伊丹の事を引きずり
佃製作所にも負い目を感じている島津が【人の役に立つトランスミッションを作る】という自分の
夢を取り戻せるかどうかに掛かっている。

殿村家の米について考える

農林協の吉井とその力を背景に農業法人を立ち上げた稲本が、子供じみた嫌がらせを殿村に仕掛けて
いるが、殿村本人は父親の『お客様に美味しい米を届けたい』という思いとお客様から寄せられる
感謝の手紙や写真に力を貰い、美味しい米を作ることのみに時間を使おうと努力している。

佃製作所が、農業用無人ロボットを開発する関係で、殿村家にも何らかの影響があると思われるが
それが殿村家の米作りにも力を与える事であるように祈るばかりである^ω^;

最後に

三つ巴状況から一歩リードの悪役連合。下町トラクターという庶民に好まれそうな愛称まで付けて
大企業vs中小企業という構図も利用して帝国重工、的場潰しを推し進めるようだ。
帝国重工の反撃策としては今回では描かれていないのでわからないが、キーシンまたは北堀が
キーマンになるのではないだろうか。

佃製作所&野木研究室チームのキーマンは間違いなく島津さんであろう。
次回どのような展開が待ち受けているのが楽しみである。

第7話では、ついにTEAM NACSのリーダー森崎さんとサブリーダー安田さんの掛け合いが見られる等
見所の多い回だったので、全てを書かなかったつもりだが結局、長文になってしまった^ω^;
最後までお読みいただいた方、ありがとうございましたm(_ _)m

日曜の第8話に大いに期待したい。
タイトルとURLをコピーしました