【Win10】May 2020 Updateを導入してみた:1

Windows
スポンサーリンク

先月の終わり頃、Windows10の機能アップデートMay 2020 Updateが公開になった。
我が家のWindowsPCでも旗艦Intel君と主力艦AMD君には早々に通知があった。
だが、NOTE PCと最弱のファイルサーバAtom君2台はその気配が全く無かった。

Google先生にお聞きしてみたところ少々の不具合は発生しているようだが、ver.1809の
リリース時の様な大規模な不具合は発生していない模様だったので、とりあえず通知の
あった2台から機能アップデートを展開することにした。

ver.2004(May 2020 Update)で強化される内容は?

追加および改善される機能は?

先代の1909とは違って、今回のバーション2004は完全なる機能アップデートである。
という事でどういう機能が追加されるのか全く知らなかった為、少々調べてみた^ω^;
MS様のサイトによると主な機能強化点は以下の通り。

・構成と展開 に関する機能強化(配信の最適化など)
・Cortanaの機能強化(スタンドアロンアプリ化)
・簡単操作の機能強化(テキストカーソルの視認性強化など)
・言語に関する機能強化(日本語IMEの機能強化など)
・Windows Subsystem for Linuxの機能強化(ネイティブLinuxカーネルの動作など)
・Windows の組み込みのセキュリティに関する機能強化

正直な話MS様のサイトに記述されている上記の内容よりも『その他の機能強化』に記された
内容が自分のような一般ユーザにはありがたい機能である^ω^;
例えばBluetooth のペアリング・電卓機能・メモ帳・通知設定などの機能強化といったところなど。

気になる方は下記のMS様のサイトを御覧ください。

また、PCを初期状態に戻す際にセットアップファイルをクラウドからダウンロードすることが
可能になったようである。まぁクラウドサービスが苦手な自分のようなユーザはこの機能を
使用することはないだろうけどw

May 2020 Updateを導入してみる

まずは早々に通知があったIntel君とAMD君を対象とする。但し今回は両機ともに
クリーンインストールすることにした。Intel君は今年早々に原因不明の不具合で使用不能に
陥った為一度行っているが、今後も機能アップデートの際にはクリーンインストールする。

最近Windows Update品質があまり良くないと感じているのも一因だが、何にせよ長期の運用はPCの
不調の原因になると(経験から)知っている為である^ω^; またこの2機に至っては最新のアプリしか
運用していない(それも少ない数)為、環境の再構築が容易なのも要因の一つであるw

アプリの再インストールが容易なら、アップデートするよりもクリーンインストールする方が
圧倒的に時間がかからないのが一番の理由だがw

アップデート作業(クリーンインストール)の準備

いつものようにMS様の【Windows10のダウンロード】ページにアクセス。

今回は再セットアップ用のUSBセットアップツールを作成するので、上記リンク先の
ツールを今すぐダウンロードをクリックしてメディアクリエイションツールをダウンロードする。
ファイル名はMediaCreationTool2004.exeである。

このファイルを実行し、しばらく待っていると適用される通知とライセンス条項という
ウインドウが表示されるのでライセンス条項を確認後、下部の同意するボタンをクリック。
さらにしばらく待つと実行する操作を選んでくださいというウインドウが表示される。

今回はクリーンインストールするので【別のPCのインストールメディアを作成する】を選択。
USBメモリにインストールメディアを作成した。

クリーンインストールを実行

Intel君、AMD君共にUSBメモリから起動できるようにPCの設定を変更して起動し、クリーン
インストールを実行する。両機ともにOSそのもののインストールには30分程度時間を要した。
その後、いつものように再セットアップ後の設定とアプリの再インストールを行った。

Windows環境の再設定は上記の記事を参照して行った。記事はVer1909当時の設定だが、
今回のVer2004も同様の設定で問題なかった(サービス等の名称変更もない様子だった)。
上記の設定及びアプリの再インストールを含めて両機とも1時間程度で再構築終了である。

ver.2004の既知の不具合

2004をクリーンインストールした2台を1週間程度運用してみたが、動作は安定しており
一部の環境で発生しているような不具合は見られなかった。まぁ我が家のWinPCたちは非常に
シンプルな環境なので不具合は発生し辛いのだ。 Intel君は稀にBSoDを吐くけれど^ω^;

Google先生にお聞きすると、2004(May 2020 Update)でも色々と不具合が発生している模様。
下記はその一部の症例である。

・Realtek製Bluetoothドライバで、一度に2台以上のBluetoothデバイスに接続できない
・一部のThunderboltドックで着脱時にBSoDが発生
・Conexant ISSTオーディオドライバでエラーが発生する

・DirectX 9を使用するほとんどのゲームで可変リフレッシュレートが無効(Intel内蔵GPUにて)
・一部のアプリでIMEが漢字/ひらがなモードに切り替えできない
・Always Connected PC対応デバイスでエラーや予期せぬシャットダウンや再起動が発生
・May 2020 Updateのインストールに失敗または適用後起動に失敗する ※aksfridge.sysまたは

 aksdf.sysの非互換性の問題
・NVIDIA製ディスプレイドライバ(Ver.358.00以下)を使用すると、BSoDや他の不具合が発生する

MS様が把握している不具合の情報は下記のサイトに詳しい情報がある。
当然英語サイトなので翻訳機能使用を推奨。英語の堪能な方はその限りではありませんがw

我が家のPCではNVIDIA製ディスプレイドライバを使用しているが、クリーンインストールを
行った為ドライバは最新版(Windows10上での)になっており、問題は発生しなかった。
さらにNVIDIA様サイトから最新版をダウンロードしてアップデートした(環境再設定の一環w)

上記のように色々と不具合はあるようだが、音源関係やDIrectX関係のエラーなどゲーム方面には
問題が多い印象(あくまでも個人的感想^ω^;)であるw

作業を終えて

とりあえず、我が家のPCのうち主力の2台は2004へのバージョンアップは無事終了した。
まぁクリーンインストールなのでアップデートより問題が発生する確率は低いと思われる。

実際はわからないが、経験的にはそう感じるという事だがww

残りの唯一のHomeエディション機であるNotePCや、貧弱な2台のAtom君などへの導入は
Windows Updateへの通知を待とうと考えている。このPC達にはMay 2020 Updateへの
アップデートを促す通知が無い(問題がある場合の通知も無い^ω^;)

待ってみるつもりではいるが、面倒になってアップデートしてしまう可能性も十二分にある^ω^;
Atom君は片方が停止しても問題ないし、notePCも同じような状況なのでグラハム・エーカー氏の
様に辛抱弱い自分は通知を待ちきれるかどうかは疑問なのだ^ω^

その他のPCの状況についてはまた別の機会に記事にしたい。

 

タイトルとURLをコピーしました